2013-09-28

小説を書く猫 : 中山可穂

『小説を書く猫』 中山可穂

 中山可穂氏の小説に初めて出会ったのは、とある大学病院の売店でのことだった。夫の入院が思っていたよりも長引くことになり、付添いの合間に何か読もうと、売店の本棚に並んだ数少ない文庫本の中から手に取ったのだ。ナイフを手に立つ、あばらが浮くほどに痩せた裸の少女・・・その表紙を見たときはハッと胸を衝かれたが、同時に“過剰な自意識を押し付けてくるような小説だったら嫌だなぁ”という思いもあった。

 しかし、その心配は杞憂に終わった。『それ(ミチルがレズビアンであるということ)は彼女の属性のひとつの項目に過ぎず、なんら特別なこととして描いてはいない。』と、このエッセイの中にもある通り、『猫背の王子』の主人公・王寺ミチルは、自分自身と自分をとりまく物事を非常にフラットに受け止め、真摯に、ストイックに自分の選んだ道を進もうとする女性だった。それだけに、ミチルが、激しすぎる情熱に自分の身を傷つけ、どうしようもない孤独に苛まれながら、芝居を、恋人を求める切実さは、いや増して見え、この愛しくて美しい主人公・王寺ミチルを生んだ、中山可穂という作家が好きになった。

 中山可穂氏も王寺ミチルのように、ストイックだけど激情家で、多情だけど一途で、強くてきれいで凛々しい方なのであろうとイメージしている。それと同時に、このエッセイ集からは、おなかを空かせて不安げな、不機嫌そうな顔をしていたり、地団駄を踏んで何事かを訴える小さな女の子の姿が見えるような気がする。


 自分の身を削り、絞り出すように小説を書き、生き、恋するというのはどれほどの愛情を、エネルギーを必要とするのだろうか? 恋人の愛情がいつもそばにあるというわけにはいかないのかもしれない。せめて、いつも美味しいものを食べていて欲しいなぁ・・・と思う。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ