2013-08-24

私の中の男の子 : 山崎ナオコーラ

『私の中の男の子』 山崎ナオコーラ

『浮世でランチ』を読んだときにも、出会頭の一言で鳩尾にパンチをくらったような気がしたのだけど、今回も冒頭の『雪村には十九歳まで性別がなかった。』という一言に「うぐっ!」とたじろいだ。

 私は・・・いまだに自分が女性であるとか、男性であるとか・・・そういうことがピンとこない。

 主人公・雪村は、十九歳で作家デビューして初めて、周囲が自分を女性として扱うことを知り、自分が世間からは女性に見えることに気づき、戸惑う。

 女性であることを知った雪村は、自分の中にいる異性=男性を強く意識する。生活には違和感がついてまわる。女であるという意識がぼんやりした私の中には、「異性」というほどにはっきりしたものではないけれど、「女」と呼ばれるものでもないような気がする、よくわからないものがいる。

 もしかしたら雪村は、性別の意識が曖昧な私に、何か優しい答えを出してくれるのではないだろうか・・・勝手な期待を寄せて読む。

 しかし、雪村の行く先にあるのは、自分の頭の中の居心地の良い世界から外に出る~違和感だらけの自分という存在を外に向かって開く~ということだった。

私、今まではみんなそれぞれ世界の見え方が違うから、ひとりひとりの頭の中に世界があるんだと思っていたの。


 私にも身に覚えのある「世界は頭の中にある」「精神として生きている自分」という思いに潜む自己欺瞞から身を引き剥がそうと雪村はもがく。私の不甲斐なさを糾弾されているようで痛い。

 たくさんの違和感を抱えた自分というものを意識し、貫きつつ、同時に自分の外に広がる世界を感じる。『世界の中に物理的に存在している自分』から逃げず、様々な関係の中に自分を置いて生きていこうとする雪村の覚悟は凛として清々しい。しかし、そうやって生きていくことがもたらす痛みは雪村についてまわるのだろう。

 頭の中を流れはじめた『・・・だのに、なぜ、歯を食いしばり、君は行くのか、そんなにしてまで』という歌とともに、雪村の姿を見送った。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ