2013-07-27

世に棲む日日 : 司馬遼太郎

『世に棲む日日』 司馬遼太郎

 特に歴史小説好きでも、幕末好きというわけでもないのだけど、時々、幕末ものが読みたくなるのは、一つには10代の頃に読んだ『龍飛騰』『伊呂破丸』など、義澄了のマンガの影響があるのだろうなぁ。彼女の描く歴史の中の若者たちが、あまりに騒々しく、生き生きと駆け回っていたものだから・・・


 「長州の人間のことを書きたいと思う。」で始まるこの小説・・・松陰吉田寅次郎の尋常でない無邪気さ、明るさが印象的だ。幕末の長州に生まれた奇男子・吉田松陰の生涯と、彼の思想を受け継いだ若者たちが為したことは、これまで何となく目や耳にして知っていたことと大きく変わりはないのだけど、作者の慧眼によってあぶり出され、刻まれる一言によって、ひとつの物事に込められた質量、重力がズシリとその大きさ、密度、重みを増すように感じられる。

 思想とは本来、人間が考え出した最大の虚構―――大うそであろう。


 その「虚構」というべき自らの思想を論理化し、現実に実在するものとして昇華させるためだけに、彼の知力、行動力、生活のすべてが純粋に純粋に研ぎ澄まされ、その「虚構」の内に注ぎこまれていたのだとしたら・・・松陰の思念の強さはもちろん、その幼いまでの無邪気ささえそら恐ろしく思えてしまう。

 また、高杉晋作が口にしたという「赤根ごとき大島の土百姓に何がわかる!」という言ってはいけない一言の痛々しさが、こんなにヒリヒリと感じられるのも、高杉晋作という奇妙で複雑な男を知ろうとする作者の視線 ~ 誰にも増して長州藩と毛利家というものを愛し、強い忠誠心を持っていながら、同時に、長州藩を革命の劫火の中でつぶしてしまうこともやむなしという理論に立ち至っていた晋作の姿を見ていた作者の目のおかげ。その痛みは、晋作の『思想的激痛』であると作者は言う。


 この小説、中村橋之助の吉田松陰、野村萬斎の高杉晋作でドラマ化(『蒼天の夢~松陰と晋作・新世紀への挑戦』)されているのだそうだ(残念ながら観たことはない)。この小説に描かれる松陰の奇妙な無邪気さ、明るさに(無邪気さが過ぎて悲愴なところも)橋之助さんはぴったりかもしれない。






FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ