2013-07-13

あなたの苦手な彼女について : 橋本治

『あなたの苦手な彼女について』 橋本治

 「あなたの苦手な彼女」と言うからには、「あなた」の数だけ色んな「苦手な彼女」が出てくるのかと思ったが、橋本氏の話はやはりある種の「彼女」に照準を絞った上のことで・・・

 とはいえ、「あなたの苦手は彼女」は「あなたの苦手な女というもの」ではなく、「あなた」は男かもしれないし、女であるかもしれず、「彼女」が存在するのは「あなた」の外かもしれないし、内なのかもしれない。さらには「彼女」は「女性」とも限らないかもしれない。

 「彼女」の在りよう、また「あなた」と「彼女」の関係はなぜこんなにこじれてしまったのか。その歴史的、社会的、心理的背景。自分がどこかに所属するという実感がない、または自分が所属する社会における責任を棚上げしたままに、あるいは被害者の立場をとり続けながらものを言う人の厄介さ・・・そういうものがどこに起因しているかというお話し。


 橋本氏の本としては読みやすい方なのではないかと思うが、相変わらず橋本氏の語るところの全体像は、なかなか私の視界にはおさまりきらない。広げられた問題の展開図が大きすぎるのだ。私の容量不足の脳ミソではその展開図を一度に俯瞰することはできず、部分的にちまちまと見ているうちに、自分がどこにいるのかわからなくなる。また「再読しなきゃいけない橋本治の本」が増えてしまった。

 全体像をスパッと見渡すことはできないものの、物事の本質とそれに絡みついて渾然一体となってしまっている本質以外のものを分離し、また、言葉はあるけど実態は存在しなくなっている(または実態が変質してしまっている)ものを腑分けしていく橋本氏の手並みは見事だと思う。まあ、そういうことをするから必然的に展開図が巨大になるのだけど・・・。

 ところで、「あなたの苦手な彼女」の問題の困難さについて、男が「男女平等」を考えなくてはいけない「女」が、男にとって「どうでもいい女」だからというところから話がスタートしているように思うのだけど、では、男にとってどうでもよくない女=「自分の恋愛の対象として存在する女」は今どういうことになっているんだろう?

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ