2013-07-06

女は何を欲望するか? : 内田樹

『女は何を欲望するか?』 内田樹

 内田樹氏が語る、フェミニストたちが行ってきた様々な思想的な試みと、彼らが犯した失敗について。

 第1部は「フェミニズム言語論」。女はどのような言葉でテクストを読み、どのような言葉で自らを語り得るか。第2部「フェミニズム映画論」では映画『エイリアン』シリーズを論じ、画面に映し出される、フェミニズム的な欲望を実現した女性の姿と、その反動のように現れる皮肉な状況を示す。


 以下、かなり私事です。


 私が「本を読んで、その感想をブログに書く」なんてことをしている理由の一つは、中学生の頃から今に至るまで解決できていない、「自分で自分がわからない」という問題を、「人の書いたものに、自分の『読む』ということをぶつけてみる。ぶつかって返ってくるものを観察する。観察したものをなるべく正確に言葉にしてみる。」という方法でどうにかできないだろうかと思うからであり、今でも数年おきに私を悩ます問題は、以前のエントリーでも書いているのだけど・・・

 「ず~っと女子校にこもってたおかげで、男性に『見られる』ということを意識することもなく、また男性の力をたいしてあてにすることもなく大人になり、就職する頃には、社会的にも女性が生きにくいっていう状況ではなく、一通りの社会生活は自分の力でどうにかできると思っていた。でも、欲望や願望は『~されたい』『~して欲しい』『“獲得したい”と思われる対象でありたい』という形で発動してしまうことが多くて面倒臭い。」

 というようなことだったりする。

 本書を読んで、そういうことがすでに多くの人たちによって問題にされ、論じられ、試行されつくしてきたことなんだなぁ~と気づく。『あるテクストから「何を読みだすか」によって自分が何ものであるかを知る』というような先人の言葉や、『知的には男で、性的には女』という問題を、知ってか知らずか、きっちり私もなぞっているのだなぁ・・・と。

 フェミニズムの歴史、思想には全く詳しくないのだが、本書で語られる、「フェミニストたちが問題にしたこと」「彼らがとろうとした方法」のいくつかは、私自身にもヒットすることであったので、ずいぶん「私の事情」に引き寄せた読み方をしてしまったかもしれない。

 「あとがき」までを読み終えて、このタイトルは「女(人)が本当に求めているものは何なのか、改めて冷静に、真摯に考えましょう。」という呼びかけであるように思えた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ