FC2ブログ
2013-05-25

高杉晋作―青年志士の生涯と実像 : 古川薫

『高杉晋作―青年志士の生涯と実像』 古川薫

 最初は別に何とも思っていなかったはずなのだが・・・気が付くと、時々夢に出てくる程度に好きになっていた高杉晋作。

 江戸、京都、上海、長崎と駆け回り、爆ぜるような高杉晋作の生涯とその行動については、他の評伝でもすでに読んだことのあるとおり。ただ、本書では、関門海峡での外国船への砲撃や、池田屋事件、蛤御門の変など長州藩が関わった大きな事件のいくつかに彼が“不在”であったことが強調されている。

 高杉晋作といえば「暴発」というイメージがあるけれど、著者は、晋作がある場面ではあえて動かず「拙劣な死」を避け生き延びた男であることを繰り返し語る。自分が動くべき場面を冷静に見極める目が、為すべきことを為すときまで彼を生き延びさせ、動くべき時には素早く決断を下す胆力が、藩論を一転させた功山寺挙兵や四境戦争での奮戦といった偉業を彼に為させたのだと。

 偶々(?)獄中にいた等の事の成り行きもあるが、『拙者は御割拠も真の御割拠が得意也。進発も真の進発が得意也。ウハ(表面的な)の割拠不得意なり。』という言葉からは、ただ「暴発」していたのではない晋作の姿もうかがえ、彼が目指したことが何だったのか、もっと詳しく知りたくなる。
 

 ところで、晋作の妻マサについて、恋人であるおうのに注がれた愛情にくらべ、晋作のマサへの接し方はどこか堅苦しくぎこちないものだと著者は見ているようなのだが、・・・晋作はマサのことも妻として大切に大切に思っていたのだと思いたい。革命的な考えを持ち、過激に行動しながら、武士であることにこだわりつづけた晋作にとって、家を預けたマサは大切な女性だったと思うのだ。マサにあてた少し説教めいた手紙には、年若い妻への晋作の精一杯の気遣いと愛情が感じられる・・・と思うのだが。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ