2013-04-27

安土往還記 : 辻邦生

『安土往還記』 辻邦生

私が彼のなかにみるのは、自分の選んだ仕事において、完璧さの極限に達しようとする意志である。私はただこの素晴らしい意志をのみ―――この虚空の中に、ただ疾駆しつつ発光する流星のように、ひたすら虚無をつきぬけようとするこの素晴しい意志をのみ―――私はあえて人間の価値と呼びたい。


 宣教師たちとともに日本に渡来したジェノバ出身の船乗りが遺した書簡の形で語られる、戦国の実力者・織田信長の姿。

 そこに現れてくるのは、「事をなす」ためには「理にかなう」ことをこそ最上とし、「理にかなう」ためには自分さえも殺す~自分の習慣も、思惑も、情も、自尊心もすべてを犠牲にするという、極めて厳しく合理的な精神を持った信長。

 自分の目にした日本の都とそこに君臨する信長の姿を書き綴るこの書簡の主自身、不貞をはたらいた妻とその情夫を殺して故郷を離れて以来、「自分に襲ってくるすべてのことを、自分が意志し、望んだこととして」生きていくために、運命に追いつかれることのないように常に休む間もなく自分を追い立ててきた男であり、異国で出会った信長に、戦乱の世の武将として「事をなす」ために、比叡山の焼き討ちも、長島の殲滅戦も、強大な勢力に四方を囲まれた困難な局面も、一切の妥協なく自らの意志の力業で歩まんとする、自分と同様の厳しい克己の姿、それゆえの孤独を見るのである。 

 書簡の主が信長に見た、峻厳で気高く極限まで引き絞られた精神の煌めき、愛すべき瑞々しい好奇心と繊細な情愛、高みを目指せばそれだけ深く刻まれる悲愴な孤独の翳は、それはもう荘厳な美しさで・・・、それらを、しっかり、深く、味わいたかったのに・・・ ああ! ダメダメな私はしばしば頭をもたげる“この異国の男の信長への共感っぷりが憎らしい”という邪念に、気を乱されてばかりで。もぅ・・・自分自身にがっかりする。


 書簡の主は最後に思う。明智光秀を謀反に追い込んだのは、彼に向けられる信長の共感の眼差し~自分と同様に意志の力で自分自身を克服していく光秀に注がれる、更なる孤独な高みへと登りつめることを強いる眼差しではなかったかと。それは・・・あまりに悲しい。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ