2013-03-23

告白 : 町田康

『告白』 町田康

 町田康がしばしば描く「考えることは理路整然としているものの、行動が無茶苦茶な男」の極め付きのような博徒・城戸熊太郎。

 プリミティブな河内弁しか言葉を持たない熊太郎は、やたらと思弁的なその頭の中を正しく言語化することができない。複雑すぎる思考が言動の足をひっぱるため、熊太郎はどんくさい。適切な言動としてアウトプットされない思考は内に向かって渦巻き鬱屈した挙句、あるいは奇矯な行いとなって溢れ出し、あるいは虚無的な思念となって蟠り、思考と言葉と行動が一直線である村人たちの中で、熊太郎は孤立する。合理的な思考の末にとったはずの行動が不合理な結果ばかりを招き、遂には大量殺人者と成り果てる熊太郎。

 明治26年赤阪水分村で起きた事件「河内十人斬り」を題材に、言葉にはならなかったものを凝視し、言葉にしようとした町田康の試み。


 自分の(脳内の)言葉が世間に通じないことに苦しみ、自分の言葉を理解せぬ世間を阿呆だと思う人は世の中にごまんといて、結果として何一つまともなことのできぬ熊太郎に寄せられる共感も少なくはないだろう。森見登美彦『四畳半王国見聞録』の主人公がもらす『一人でいる時はこんなにステキな俺なのに、なぜ他人が目の前にいるとヘンテコになるのであるか!』という心の叫びも、何か熊太郎の姿に重なるのである。


 思考と言葉と行動を一直線にするには、言葉にして実行できることしか考えぬか、思考を正確に言語化し行動として実現する知力・胆力を持つか、思考と言動の間の微妙な(あるいは大幅な)ズレに鈍感になる等するしかなく、そうやって(むりやりにでも)一直線になった思考・言葉・行動は、米や野菜や便利な道具や、先進的な技術や人々の胸をうつ芸術・文芸を生むが、言語化されず行動とズレつづける思考と、それでも思考と合一しようとるす行動は、・・・ただ一人、自分以外誰も読まぬ文学を生む。 

 人は社会的に共有される価値のためだけに生きているわけではないだろうけど・・・・・・「『誰にも読まれることのない文学』的人生」って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だめなんじゃないのか? いや、そもそも耐えられるのか、それに?




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ