2013-02-23

戯史三國志 我が土は何を育む : 吉川永青

『戯史三國志 我が土は何を育む』 吉川永青

 九度目の北伐に向かう蜀軍を率いる姜維の陣に参じた老将・廖化(廖淳)の胸には、もはや終わりの見えた蜀の滅亡を受け入れるべしとの思いがあった。師・諸葛亮から託された国を保つために先の無い戦いを繰り返すしかない姜維は、劉備らとともにこの国をつくりながら、今、すすんで国を畳むことを説く廖化の心を質す。姜維にこたえて廖化が語る劉備らと共に駆け、戦った日々と、その中で育んできた想い。


 作者の、女性の・・・というか、男女の関係の描き方が苦手だ。大切な男の為に我が身を犠牲にする女。そうして身を犠牲にし心を狂わせた女を、殺すことで救ってやろうと思う男。これが男女逆だったとしても同じように嫌なんだが・・・。本作でも、主人公・廖淳が曹操軍の兵士に凌辱され気のふれた、愛する義姉を手にかけるシーンが冒頭に描かれていて、ちょっと・・・萎えた。

 ・・・とは言え、劉備一味のキャラクター造形が面白く(『蒼天航路』と似ているとの指摘もあるようだけど、私は読んだことがないのでよくわからない)、それをスパイスにしてストーリーを楽しむことができる。

 武侠の頭から計算高く周囲を利用してのし上がってた劉備は、侠気あふれるカリスマであるが、その実、智恵も武勇もない戦下手。圧倒的な武勇を誇るものの、傲慢で狭量、とてもじゃないが兵を預かり軍を動かす将の器じゃない関羽。人間味があり関羽よりはいくらかマシだが、やっぱり将としては物足らない張飛。四角四面な趙雲。怪物的な知能+元来のSっ気に加え、民を救おうとした叔父を民に殺された過去のいきさつにより心の壊れた、ある種の冷酷さを持つ(その冷酷さを自覚する故に、情に傾きがちな劉備にはできぬことを背負う覚悟のある)諸葛亮。

 黄巾の子として生まれ、戦乱の中で劉備に拾われた廖淳は、一味の中で成長し、戦に駆け周り、多くの人を、国を知り、そして想う・・・人は何によって生きるのか・・・。

 廖化の想いが、綺羅星のごとき英雄たちの去った後に残された劉禅の内に穏やかに結実したことを語るラストが、切なくほの温かい余韻を残す。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ