2013-01-26

見仏記6 ぶらり旅篇 : いとうせいこう・みうらじゅん

『見仏記6 ぶらり旅篇』 いとうせいこう・みうらじゅん

 『見仏記』を読むと無性に旅支度をしたくなる。お二人の後について一緒に歩いてるような気持ちになる。今回もやっぱりそう。だから、この「ぶらり旅篇」読んでいる最中には、所用で大阪まで来ていたことを幸いに、奈良まで足をのばして、本篇にもお二人の旅の様子が記されている興福寺と東大寺を訪ねてきた。


 特に訪ねる場所を定めず、行き当たりばったり、興味の向く先にふらりと向かうごぶらり旅。心のままに歩いても、何かに導かれるように出会うべきものに出会っていく、または事物がお二人にシンクロする・・・いや、お二人の方が周囲にシンクロしていっているのか。

 自由度が上がった旅は、静かな共感に満たされ・・・しかし・・・お寺との連絡や情報検索のためにしばしば取り出される通信機器・・・「スマートフォン」という単語に、何か妙な力みが感じられて(私の思い違いかもしれないけれど)、“あ、いとうさん、トシとったんだな。”と、なんだろう・・・温いような、さびしいような、可笑しいような、ちょっと、どうしたらよいのかわからない気持ちになる。

 旅の終わりにいとう氏が胸の内でつぶやく言葉。

 御堂の外から経が聞こえてきた。子供の声も聞こえた。お賽銭の音が絶えなかった。人間はそうやって現れては消えるのだ、と思った。点滅のようなものだ。


 「点滅」という言葉にひかれて、陽平君(岡野玲子『ファンシィダンス 4』)の台詞が思い出される。

 ほら! パチンコ屋のネオンサインあるでしょ あのピカピカ光ってる…
 電球は動かないで一つずつ順番に光ってるダケなんだけど
 流れてるよーに見えるでしょ

 ぼくもそうです ぼくも一瞬のぼくの連続です


 二人が言ってることは、それぞれ別のことなんだけど・・・。・・・一つ一つ別々の個体の点滅がそこここで行われることで連続して見える流れのようなものが生まれる・・・。

 いとうせいこう氏と陽平くん、私の好きな二人の言葉がつながりあったようで嬉しかった。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ