2013-01-19

うつぼ舟1 翁と河勝 : 梅原猛

『うつぼ舟Ⅰ  翁と河勝』 梅原猛

 これも、夢枕獏の『秘帖・源氏物語 翁‐OKINA』からの流れで読んだ1冊。秦氏と「翁」の関わりについて興味がわいて・・・。

 
 うつほ舟に乗り、播磨の国坂越の浦に流れ着き大荒大明神となった秦河勝・・・世阿弥の『風姿花伝』に記された一文に誘われ、梅原猛氏はまたも長い旅に身を投じる。『風姿花伝』や金春禅竹の『明宿集』が猿楽の租であり「翁」であると語る秦河勝の姿を追い、能の根源にあるものを探る旅へ・・・。

 河勝の怨念と、神となった河勝がもたらした繁栄の跡を残す、河勝最期の地・坂越の大避神社の祭『船渡御』。滑稽で猥雑で奇怪な神・摩多羅神が祀られる、河勝ゆかりの寺・広隆寺の奇祭『牛祭』。大避神社、広隆寺に共通してみられる十二という数字へのこだわり。三人の翁が舞う奈良豆比古神社の「翁舞」と、その「翁舞」の起源とされる、業病を患った春日王と二人の皇子・浄人王、秋王の伝承。「白い翁」と「黒い翁」。「翁」=「宿神」であると語る『明宿集』の言葉。「シュク」の意味するもの。談山神社に伝わる「摩多羅神」と呼ばれる翁面。酒・性・笑い・熱狂~摩多羅神に見られるディオニソス的特徴。

  
 「翁」をめぐる梅原氏の旅は、さながら夢枕獏が描いた光の君の神仏をめぐる冒険の如く・・・秦氏や世阿弥、能楽に関する遺跡、伝承の地を訪ね、また文献にあたって集められた、様々な物語を感じさせるこれらのパーツから、梅原氏の目には能という芸能の根源にあるもの、そして秦河勝から世阿弥へとつながる何等かのヴィジョンが幻視されているのであろう。しかし、集められたこれらのパーツに関して、どのような検証がなされたのか充分に示されているとは思えないところもあり、氏が見ているであろうヴィジョンに同調するのが難しい。これは論考として仕上げられたものというよりも、思考のもとになるアイデアを記したノートのようなものなのではないだろうか? 

 それでも、「能と世阿弥に憑かれた」梅原氏は思考が迸るままに書かなければいけなかったのだろう。詳しい検証を後の人たちに託してでも、自分の頭の中にあるものを書き留めておかなくてはいけないとでもいうような切迫感に満ちた書。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ