2012-11-24

谷崎潤一郎犯罪小説集 : 谷崎潤一郎

『谷崎潤一郎犯罪小説集』 谷崎潤一郎

 「柳湯の事件」「途上」「私」「白昼鬼語」・・・犯罪そのものというよりも、犯罪を犯す人の姿、その異様な心理をねっとりと描いて見せる4つの短編。

 「柳湯の事件」は何と言っても、男が語るぬらぬらどろどろブルブルとしたものへの愛着と、その男が身を浸す銭湯の湯船の・・・あの皮膚感覚に参ってしまう。会社から帰宅する道々、ある男と探偵の間で交わされる男の妻の死をめぐる会話から、徐々に露わになる男のもう一つの姿がグロテスクな「途上」。神経衰弱気味の友人に誘われて、雨戸の節穴越しに殺人現場を覗いた男がその奇妙な体験を語る「白昼鬼後」は、いったい誰の言ってることがマトモで、いったい誰の頭が妄想に侵されているのかわからなくなってくる、そんなゆらゆらした迷宮感に酔う。

 主人公のこねる小理屈が、事件のオチとあいまっていっそ清々しい「私」以外は、短編ながらドスンと胃にきて、読むのにけっこう体力を消費する。

 ところで、ミステリーの楽しみ方に疎い私は、じくじくと描き出される犯罪者たちの異様な心理の方にばかり目が行ってしまって、巻末の解説を読むまで気が付かなかったのが、作品をミステリーに仕立てる話法を実に自在に谷崎潤一郎は操っているのだ。何かを隠したまま進行する語りがもたらす緊張感、焦燥感~その巧みな語りに手もなく翻弄されていたことを、改めて自覚した。

 それでも・・・読んでいて一番ざわざわとしたのは、「柳湯の事件」で、銭湯の湯の中で足に触れるぶよぶよぬらぬらした物の正体を「触覚にだけ感じられる女の幽霊だ」と思う男の、異様を通り越して奇抜な心理描写だったのだけど。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ