2012-10-27

男は美人の嘘が好き―ひかりと影の平家物語 : 大塚ひかり

『男は美人の嘘が好き―ひかりと影の平家物語』 大塚ひかり

 私が読んだのは1999年に出版された旧Ver.ですが、大河ドラマ『平清盛』放映に便乗したものか、今年、加筆の上『女嫌いの平家物語』と改題して、ちくま文庫より出版されています。

 『平家物語』を読んだ時、確かに思ったんですよね。“『平家物語』って、美しい女もたくさん登場するのに、男女の関係はごくあっさりとしか描かれなくて、男同志の関係ばかりが惜しまれ、愛でられ、繰り返し繰り返し、言葉を尽くして語られるのね。”って。

 悲しく美しい男たちの物語に、女の現実がくい込んでこないというのは、私にとってはむしろウェルカムなことだったので、物語には語られなかった女たちの真の姿、生き様を詮索しようという気は起きなかったのだけど、著者にとっては『平家物語』の作り手である男たちの願望のために意志や個性を奪われ、都合よく歪められた女たちの姿は到底容認できるものではなかったようで・・・。

 貴族や女房たちの日記や『源平盛衰記』『吾妻鏡』の記述と比較しながら、平家一門の繁栄の礎となった建春門院、以仁王の養母・八条女院、高倉天皇の愛人・小督、木曽義仲に従う女武者・巴御前、安徳天皇を抱いて海に沈んだ二位の尼~『平家物語』の女性たちが本当はどんな女性だったのかを様々に想像する。

 女だって源平の時代をちゃんと生きた。物語から取りこぼされた女の生を思い、確認するというのは必要なことだし、本書には充分面白くそのことが書かれているのだけど、男の願望と女の現実の違いに、『女としては、そういうの、白けるだけなんだよね。もういい加減、女に幻想を抱くのは、やめにしてもらいたいよ。』と力まれると、“いや~ 『平家物語』の作者って、女に幻想抱いてるっていうより、単に女に興味がなかったんじゃないかしら?(『平家物語』読んでるとそんな気がする)”って言いたくなっちゃう。

 せっかく男たちの悲劇の物語がたっぷりに歌い上げられ、聴衆だってその悲しくも美しい男たちの姿に涙しているというのに、その脇で、言わずもがなな女の現実を言い立てることもないんじゃないかと・・・。興醒めするじゃない?

 でも、私がそう感じるのは、著者自身が「二位の尼」の項で『「子供のために」と称して嫌いな夫とも別れなかった一昔前の女に、彼女をそうさせた時代背景も顧みず、反感を覚える』と吐露しているのと似たようなことなのだろうなぁ。


 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ