2007-01-20

たまらん人々 : 中島らも

 らもさんの本で初めて読んだのが確かこれ。その頃は「かねてつ」の広告くらいは目にしていたけど、らもさんそのものに興味はなくて、“ちょっと面白いおじさんなんだろう"くらいに思ってたのかなぁ・・・。記憶が曖昧。

 読んでみてそりゃもう笑った笑った。面白かった。電車の中で“ぶっ”とこみ上げる笑いをかみ殺すのに苦労した。笑っちゃいかんと思ってこらえるあまり、“ふぐっ”“うぴっ”“くぎゅ”という奇妙な音を出す私は、電車で一人笑っている以上に怖かったかもしれない。

 あんまり面白かったので、この後らもさんのエッセイを買い漁り、ひとつずつ読んでいく毎にらもさんのものの見方、判断の下し方に惹かれるようになっていった。たまにTVで見かけるらもさんは、想像していたよりもゆっくりとしゃべり、つかみどころがないようで、美少年だったという面影はかなり無くなっていて・・・そして私とは随分と違う人だ、素敵な人だと思った。

 随分久しぶりにこの本を読んでみると、前回読んだ時のように“ぶっ”と噴出すという回数は随分減っていた。2回目だから、というのもあるけど、笑うというよりしみじみしてしまって・・・。らもさん懐深すぎ。

 面白く書いてあるけど、ちょっと風変わりだけど憎めない人・・・みたいに読めないこともないけど、多分この本の中の人達はテイスティなどころじゃなく手におえなくて、訳わかんなくて、理不尽で、無軌道な自由人で、わたしなぞは近くにいるだけで胃に潰瘍ができるかもしれない。そんな人たちをも「テイスティ」と評して、そんな人々の塊の中に身を置いてなお、頭いくつ分かとびだした存在感を放っているらもさんの大きさが・・・妬ましい・・・いや違う・・・素晴らしい・・・いや違う・・・

 なんだかやっぱり遠い人だ・・・



 蛇足・・・


 今回読んでて思わず噴出したのは、「サンバからロックまで全72種のリズム」を刻み、おかずまで入れることのできるリズムマシーン「山本さん」(人じゃないじゃん)の活躍ぶりだった。

 「スー・チャカ・スー・チャカ」と律儀にリズムを刻む「山本さん」。しかしらもさんが「おかず」のボタンに手をのばしスイッチを押すと、突然狂ったように「テケトッテン・ストトコトン!!」とおかずを入れるんだそうだ。意外とお調子者だった「山本さん」。。。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ