2012-05-26

西行花伝 : 辻邦生

『西行花伝』 辻邦生

 最近になって郷土愛みたいなものが芽生えてきたものか、もう十年以上も見ることのなかったNHKの大河ドラマを、今年は見ているのです。平清盛といえば我が故郷広島にもゆかりのある人ですから。でも、ドラマ序盤では主人公・平清盛よりむしろ、あのモテ男・佐藤義清=西行の方が気にかかったのです。いや、西行のことが気にかかっていたのは、実はもっともっと前 ~昔、『はいからさんが通る』を読んで、「願はくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃」という歌を目にしたときからなのですが。

 
 弓、乗馬、蹴鞠、歌・・・宮廷の権力に近づくために必要な様々な技量に恵まれ、鳥羽院の北面の武士として、この世での強い力を持つことを望みうる立場にありながら、若くして出家し、仏と歌の道に身を捧げた西行。世の中のすべてをありのままに見つめ、慈しみ、抱いた仏教者としての姿と、歌に貫かれた西行の生涯を織り出す長編。

 西行を歌と仏の道に向かわせた、虚空に一人佇むような鳥羽院の孤独、慕わしい女院の哀しさと美しさ、崇徳院の懊悩、身近な者たちの死。そうしたものに深く傷つき、悩み、苦しみながらも、道の極みを目指して歩みを止めない西行の姿・・・

 この世の幸せも、悲しみも、苦しみも、善も、悪も、美も、醜も、生も、死も、この世の一部としてありのままに腕に抱き、花に、月に、雨に、山に、川に、日々の労働の中に溶け込む自分の命を感じ、この世に息づくすべてのものに共鳴し、同調し、物狂う仏教者の魂。

 仏教者の目で見たこの世を満たす美しさ~とどまることなく常に姿をかえ移ろうその美を、言葉の器にすくい取り、万物が生まれ、死に、一時もとどまることのない時の流れの中に、永遠に滅びることのない美~真実の世界を我が言葉の力によって現出せしめようという歌人のおそろしいほどに強い心。


 その厳しさ、激しさに慄いてしまうのです。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ