2012-05-12

大槻ケンヂが語る江戸川乱歩-私のこだわり人物伝 : 大槻ケンヂ・江戸川乱歩

『大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝』 大槻ケンヂ・江戸川乱歩

 『乱歩「東京地図」』を読んでいるうちに、数年前に放映されたNHK「私のこだわり人物伝」シリーズの、大槻ケンヂによる乱歩案内を反芻したくなり購入。しかし、「大槻ケンヂが語る乱歩」が正味60ページ(しかも、今時の文庫だから1ページあたりの文字数が少ない)というのは、なんだかなぁ。同時収録の「鏡地獄」「押絵と旅する男」「踊る一寸法師」「人でなしの恋」は確かに名作だし、好きな短編なんだけど、どれも他で何回か読んでるし・・・ 


 私の乱歩初体験(といっていいのかなぁ?)はクラスの学級文庫にあった高階良子さんのマンガ『ドクターGの島』(原作『孤島の鬼』)。小学校4年か5年の頃だったか・・・。つづいて、『パノラマ島奇談』をやはり高階良子さんのマンガ版で読んで(タイトル忘れてたんだけど『血とばらの悪魔』だったらしい)衝撃を受け、それから乱歩の小説を読むようになった。

 小学生ながら、「二十面相」シリーズには手をつけないまま、エロ・グロ・猟奇方面に突き進んでいったのだが、その頃、まだ私の心には主人公に共感するほどの暗黒は無く、描かれる世界の“普通じゃない”ことに、ただただ驚きあきれていたような気がする。

 青年期の自意識に手こずり、「うつし世は夢、夜の夢こそまこと」という言葉に胸をかきむしられるようになった頃、深夜ラジオで大槻ケンヂを知ったのだ。ラジオやエッセイでオーケンが語る乱歩の世界、犯罪でしか社会との接点を持てない『愛されたいけど世の中とうまく折り合えない』主人公たち姿は、もやもやする私の心に少しずつ形を与えて鎮めてくれるようだった。

 それ以来、私と乱歩の間には、ダメ人間の友・乱歩の紹介者として、また、乱歩の読み方指南者として大槻ケンヂがいる。

 ん? でも、それって・・・ 関係は薄いながら“直接の知り合い”だった乱歩が、親しみは増したものの、オーケンを介した“友達の友達”に変わったってことなんじゃないかって気がしてきた。 どうなの? それ? 


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ