2012-04-28

猶予(いざよい)の月 : 神林長平

『猶予(いざよい)の月』 神林長平

 『事実は理論によって創られる』・・・そう考える衛星カミスの住人・カミス人は惑星リンボスを実験場として、そこにひとつの世界~彼らの理論実験の結果である事象を生み出している。惑星リンボス上の生物、そこで起こる事象のすべては、カミス人の言葉=理論によって記述されたものである。

 姉弟でありながら互いに恋をするカミス人の理論士イシスと詩人アシリス。カミスでは許されない姉弟の恋を、正当なものとして実現させる事象を求め、イシスは自分と弟アシリスを惑星リンボス上に存在させる理論計画を実行する。イシスが実行した理論計画は、天才的な理論士にして犯罪者バールの理論に影響を及ぼし、リンボス上に「時間」の無い事象面と数名のカミス人~イシス、アシリス、バール、治安士スローン、理論士セラフ、カミスの理論を管理する管理機構の指令ダゴム~を出現させる。

 無数の“有りうべき「事実」”が、選択可能な「事象」として存在する時間の無い世界=猶予の時。登場人物たちが意識的に、あるいは無意識に行う事象の選択によって、次々に書き替えられる「事実」。

 カミス人の言葉=理論によって生まれた存在であるはずのリンボス人たちは、自分たちの存在する“記述された”世界の秘密を知ろうと自律的に動き始め、詩人が夢想した物語までもが一つの現実として存在を始める。「理論」と「行動」と「想像力」が拮抗し、それぞれが自分にとっての事実を見つけ固定しようとせめぎ合う。

 時間の無い世界で無数に選択される“有りうべき「事実」”~これは「自分探し」の物語というわけなのか。タイトルに「猶予」という言葉が使われていることで、“ん?”とは思っていたけれど。

 時間の無い世界では、あらゆる「事象」が選択可能である一方、矛盾する選択や、選択し、行動し、想像する意志の弱さは、「事象」の消滅をも招く。昔読んだファンタジーなどで味わった「無」の恐怖~自分をここまで連れてきてくれた物語の登場人物たちが、過去に存在した事実も含めて消滅してしまうことへの恐れと、その恐れに重ねられた自分自身の存在への不安~を思い出し、味わいながら読み進める。でも・・・『時間も空間も消滅した世界に残るものが愛かもしれない』という、ある登場人物の言葉には、ちょっと面喰った。


 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ