2012-03-03

葬送 : 平野啓一郎

『葬送』 平野啓一郎

 すごく漠然とした感覚ではあるんだけど、クラシック音楽や芸術を深く愛好するわけでもない私にとって「ショパン」とは、作曲家、芸術家として意識されていた訳ではなくて、高校の初め頃までなんとなくだらだらと通っていたピアノ教室で練習したり、友人が音楽室のピアノで遊び半分に弾いてくれた曲・・・そうやって自分や友人が「何気なく“今”弾いている“曲”」のことだったような気がする。

 この小説の中で、生き、生活し、苦悩するショパンを見て、初めて自分の中に「人」としてのショパンは存在せず、「曲」としてのショパン(しかもとてもライトな)しかいなかったことに気づき、驚いた。そして、小説の中でショパン自身が、いずれは遺された作品や肖像画こそが“ショパン”となり、そこから零れ落ちる“ショパン”を掬い上げるものはいない・・・ということを語っていることに胸が少し痛んだ。 


 19世紀のパリ。その“天才”によって類い稀な作品を生み出した芸術家 ~どれほど悩み苦心して書き上げたものだとしても、その苦悩の後を一切残さぬ繊細で華麗な音楽を生みだすショパンと、芸術とそれを生み出すべく自らに与えられた才能のために、自分自身が鼻面を引き回され、生活を食い尽くされ、恐ろしい孤独にさらされても、絵画にその全てを捧げ描き続けるドラクロワ。社交界での華やかな交友。愛する人との間に交わされる言葉。疎遠になっていく人との間ですれ違う想い。失われてしまった人や時間をめぐる回想。内省的な独白。煌めく才能に恵まれながら病に侵され衰えていくショパンに、あるいはドラクロワの渾身の天井画に注がれる人々の眼差し。それらが互いの隙間を埋めるように幾重にも重ねられ、描き出されていく彼らの芸術と生活、そして、その時代。

 何層もの言葉を重ねて構築されたドラマの中から、自分を取り囲む人たちの言葉の、表情の、しぐさの意味を読み違えまいと心を砕くショパンや、どんなに苦心して言葉を選んでも、言葉が自分の思いを正確に伝えないことに落胆するドラクロワの姿がふと立ち上がってくる。


 

 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ