2012-02-11

太宰治集 哀蚊―文豪怪談傑作選

『太宰治集 哀蚊―文豪怪談傑作選』 太宰治/東雅夫 編

 「お伽草子」から「舌切雀」と「浦島さん」が収録されている。「舌切雀」の冒頭部分に、「お伽草子」の一篇として当初は書くつもりだった「桃太郎」のお話を断念したいきさつが挿入されているのだけど、何かねぇ・・・ここ圧巻。この部分を読んでいると、胸がきゅうきゅうしてたまらなくなり、いまさらながら「太宰ってモテただろうなぁ~」と思う。

 鬼ヶ島の鬼は“征伐せずにはおけぬ醜怪極悪無類の人間”であり、それは“恐怖”より“不快感”をもたらすもの~“人の肉体よりも、人の心に害を加えるもの”でなければならず(← 物質的な悪事をなすことよりも、ひとを嫌な気持ちにさせることは、そんなにもひどい悪だというのだ)、“われ非力なりと雖も”と悪辣な鬼を退治すべく敢然立つ桃太郎は無敵のヒーローではなく“からだが弱くて、はにかみ屋で、さっぱり駄目な男”として描かれるはずだった。しかし・・・。いやしくも「日本一」の旗を持つものを自分は書けぬと・・・ここからは、あれよあれよという間に暴走する「私の桃太郎物語」計画放棄の弁。

 私はここにくどいくらいに念を押しておきたいのだ。瘤取りの二老人も浦島さんも、またカチカチ山の狸さんも決して日本一ではないんだぞ。桃太郎だけが日本一なんだぞ。そうしておれはその桃太郎を書かなかったんだぞ。


 怜悧、自傷、善、自虐、ユーモア、虚勢、残酷、優しさ、困惑・・・ぎゅうぎゅうに詰まっている。そして、そのどれからも離れたところに、心がポツンといる。
 
 太宰の描く怖いものは、ポツンと漂って幽霊のような自分の、人の、世間の姿。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ