2012-01-28

ちくま日本文学36 萩原朔太郎

『ちくま日本文学 36 萩原朔太郎』

 国語の副教材として与えられていた中央図書の『新編国語便覧』は今でも手元にあって、たまにぱらぱらと眺めたりしている。学生時代はこの便覧の中から気になる作家やタイトルを見つけては読了したものにマーカーで印をつけるのを楽しみにしていたのだが、今見ると印のついてる作品が少なくて笑ってしまう。

 学生時代、やはりこの便覧の中で目にした『月に吠える』『青猫』というタイトルにはただならぬものを感じて震えたのだけど、学校の授業では朔太郎の詩を読む機会はなく、その後も詩集というと何だか敷居が高くって読まぬままきてしまった。

 で、今になって読んでみた朔太郎の印象は、“饒舌な激情家”。

 
 自然の生命力とでもいうようなもの~あるいは野性的な力強さでぐんぐん萌え耀き、あるいは衰え萎み腐臭を放つその生命力を、いじらしく愛しいものと感じる一方で、その旺盛さを個の意志を飲み込むものとして恐れ、嫌悪し、しかしまた、その限りないやさしさ、安堵を与える温かさに誘惑され欲望を感じながら、自分がそこから疎外されていることに苦しみ、悩む。


 私が根かぎり精かぎり叫ぶ声を、多くの人は空耳にしかきいてくれない。

 自分の言ふ言葉の意味が、他人に解らないということはどんなに悲しいことであるか。
 「言はなければならない事」


 自己矛盾の苦しみや、どこにも“自分の言葉が通じる場所”~安住の地を見つけ得ない孤独の為に、彼は異様なまでに饒舌に沢山の言葉を語るが、その饒舌さは彼の言葉を聞かない人たちに向けて逆立てられたハリネズミの針のようで、耳を傾けようとしても針が刺さって痛い。また、妻や老母や馴染みの女達に身の回りの世話をやいてもらってるあたり、“孤独を問題にするんなら、自分の孤独くらい自分で守れよなぁ・・・”と思わないでもない。あ~ 何か、いつまでも心が中2の人・・・だったのか? 彼は。

 正直に言って、ここに収められた詩や散文に良い印象は持てなかったのだが、

私が『表現の秘訣』を握ったあかつきには、私は私の芸術を捨てることを躊躇しない。なんとなればそれ以上の芸術はどんな人にとっても必要以上のぜいたくである。
 「言はなければならない事」


 という、この言葉があるせいで、彼の言うこと全てを“OK!”としてしまいたいような気もする。彼が寂しかったこと、自分の言葉が通じて欲しいと思っていたことは本当なんだものな・・・。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ