2012-01-21

赫夜島 : 宇月原晴明

「赫夜島」 宇月原晴明『Fantasy Seller』収録)

 『竹取物語』暗黒の後日譚。

 月に帰るかぐや姫が時の帝に遺した不老長寿の霊薬。富士の山頂で焼かれたはずの霊薬が、何者かの手によって、富士の麓の湖に浮かぶ小島~瘴気に覆われ、生きて動くものの影とてない「赫夜島」に秘匿されているという。

 醍醐天皇の御世~菅原道真の怨霊に脅かされる宮廷。幾重にもめぐらせた几帳の内で、道真の崇りを恐れ、怯え、震える帝の心を安んじるため、かぐや姫の霊薬を献じるべく、藤原北家の公卿・仲平の命を受けて二人の侍が「赫夜島」へと放たれる。一の矢は将門、二の矢は純友。

 湖に白く漂う瘴気の中、眼前に姿を現す「赫夜島」~かぐや姫が五人の貴公子に求めた宝が斯くもおぞましいものに変じた人外境のありさまに瞠目する。

 闇に極彩色で描いた悪夢の絵巻の迫力には息をのむが、短篇であるせいか、歴史と幻想の物語の融合の弱さを感じるところもあり、展開の無理やり感を力技でねじ伏せたような印象が残るのも否めない。やはり、宇月原氏にはじわじわと世界を侵食していくような長大な物語を期待してしまう。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ