2012-01-07

歌舞伎-過剰なる記号の森 : 渡辺保

『歌舞伎―過剰なる記号の森』 渡辺保

 渡辺保氏と歌舞伎はしっぽりと深い仲なのである。歌舞伎は氏を虜にし、深い深いところにまで染みこんで、生々しく息づいている。氏が「口上」に言うとおり、氏が研究の対象とする歌舞伎は氏の内にあり、その『内なる歌舞伎』に目を凝らして本書は書かれている。

 自分の内へと向かうその視線が生む緊迫感は、著者による六代目歌右衛門論『女形の運命』にも感じたが、その視線の先で歌舞伎も艶やかなその身を一時やさしく任せるようで・・・ それはもう、密室で抱きあい濃密に目と目を見交わす二人。“ダンダンダンッ”「あなたたちっ! イヤラしいわよっ!」と心で叫んでみるが、私のヤキモチが割り込む隙間など無く・・・


 物語を宿らせる役者の身体、劇場という空間~それを形づくるシステム、そこを満たす音、戯曲に折り込まれる特徴的な場面・・・歌舞伎を構成するそれら一つ一つ~その精神、それがもたらすものについて語りながら、歌舞伎という芸能が立ち上がらせる世界に近づいていく。

 役者の身体、その動き、技術、戯曲、型、後見、ツケや柝、下座音楽など舞台上の音、道具、装置・・・すべてが、所謂リアルな事物、事象ではなく、見えないものを見せる~時間も空間も次元も自在に行き来する“うその中の真実”を見せるためにある。


 著者は自分の『内なる歌舞伎』に目を凝らすけれど、私はやはり私に見えている歌舞伎を見る。

 目には見えないはずの“何か”が“見える”。歌舞伎を観ていると稀にそういう瞬間を体験する。何がどう反応して“それ”が“見える”のか私には分らない。おそらくは役者の身体の中に、もしくは型といわれるものの中に、ものすごい圧力で圧縮された膨大な情報量が・・・瞬間、一気に弾け、目眩を感じるほどの勢いで渦を巻き流れ込んでくる。その瞬間の衝撃、陶酔感はいつまでも尾をひいて中毒のような症状をひきおこす。その感覚を味わいたくて劇場に足を運ぶものの、白塗りの顔での感情を顕わにした迫真の演技に、白けた気持ちにさせられることもままあり、そんな時には歌舞伎が持ち続けてきたらしい見えないものを見せるパワー・魔法は失われつつあるのかもしれないという不安、おそれを感じることもある。

 しかし、今現在の舞台に、江戸やそれぞれの時代の歌舞伎を見た人たちが目にしたであろう幻~超現実を出現させるために必要なのは、歌舞伎を生んだ『江戸の観念』や、明治、大正、昭和の名優たちの芸を単純に獲得、再現することではないのだろう。

 あまりに洗練され芸術的に磨きあげられたために、高尚なものとして受けとめられることが多いように思える、歌舞伎にたずさわる人たちの芸、技、その舞台。しかし、歌舞伎はせっかく研ぎ澄ましたその力を、どこに向かって振るうべきか、見失いかけているんじゃないだろうか。

 現実を超えた美しい嘘の中の真実に陶然としたい・・・そういう気持ちは現在の人たちの中にもある。その気持ちは、今、何に向けられているのか。歌舞伎はそこのところを狙いすましていかなくては。だって、歌舞伎って、もっと、もっと!もっと!!! 甘くて、荒々しくて、美しくて、危険なもののはず。すべてが奇跡的にかみあったときの歌舞伎の舞台って、3Dの映画よりも、ゲームや、マンガや、人気アーティストのライブよりも、よっぽど! よっぽど!!!


 渡辺氏には及ぶべくもないけれど、私だっていつか歌舞伎と深い仲になりたい。そのために、歌舞伎には私をもっとメロメロに翻弄して欲しいのよ~。


 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

はじめまして。

ブログ村の新着記事がふと目に留まり、記事を読ませていただきました。
お書きになっている内容に深くうなずき、
いま、思わず衝動的にコメントさせていただいております。
渡辺氏と歌舞伎との関係といい、そもそも歌舞伎とは何ぞやについてのご意見といい、この短い記事の中に、圧縮された想いを感じました。
・・・なんて、いきなり書きますと、怪しいひとみたいですね・・・失礼いたしました。
また寄らせていただきます。

はじめまして

oomimi_usakoさま

はじめまして。
コメントをいただきありがとうございます。こんな記事を読んでいただき嬉しいです。

渡辺保氏の著書を読むと、氏と歌舞伎の仲の深さを見せつけられるようで、
いつも心の中で“くやし~い;;;”とハンカチを噛みしめてしまいます;;;

ヤキモチを焼くあまり次々とこみ上げてくる思いを、ちゃんと文章にできないもどかしさを
感じながら、とりとめもなく書いてしまいました。

でも、好きなんです、歌舞伎! 深い仲になってみたい!


プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ