2011-10-29

さかさまの幽霊―“視”の江戸文化論 : 服部幸雄

『さかさまの幽霊―“視”の江戸文化論』 服部幸雄

 歌舞伎『東海道四谷怪談』蛇山庵室の場のお岩の亡霊は、提灯の中から頭を下に逆さまの姿で現れたのだそうだ(昨年観た納涼歌舞伎の舞台ではお岩の亡霊は上に向かって飛んでいったように記憶しているが)。そういえば、以前読んだ江戸怪談の本の中には、逆立ちをした姿で現れ、通りかかる人たちに恨めしい無念の想いを語る幽霊の話や挿絵がいくつかあった。

 その“さかさまの幽霊”は、私にはわけのわからない不条理なものに思えたし、その図は怖ろしいというよりもむしろ珍妙という印象だったのだけども、江戸の人々にとっては“幽霊はさかさまに現れるもの”という道理があり、それは畏れ・怖れの感情と結びついていたという。

 “さかさまの幽霊”を生んだ文化的背景や人々の宗教的感性~そういうものを共有することが難しい現代の私たちには、もはや“さかさまの幽霊”を怖ろしいと思うことも難しく、不自然なことなのかもしれない。(昨年の納涼歌舞伎での『四谷怪談』をあまり“怖い”と思わなかったのはそういうことなのだろう。それならば、江戸の文化、感性を保存する古典としての歌舞伎もいいが、現代の感性で舞台と観客が緊密に結ばれた歌舞伎というのももっと真剣に貪欲に生み出されるべきだ。ターゲットを絞って小劇場での上演にするなど上演形態自体を変える必要もあるのかもしれない。)

 “さかさまの幽霊”は現代の私たちにとっては解りづらいものになってしまったかもしれないが、“逆さま”ということは元来、江戸の文化、宗教的事情を超えたさらに根源的な力を持つ。古くから、そして現代においても、“逆さま”という異常は人の不安、おそれ、陰の側の情動をかきたて“正常”に揺さぶりをかける。

 四代目鶴屋南北の描く世界を論じた「南北劇の構図」では、南北が芝居の中に仕掛けたそうした“逆さま”の破壊力・攻撃性について語られる。 

 その他、はっきりした上演の記録さえない『象引』が歌舞伎十八番に制定された経緯や、足元に宝を散らし、蓬髪に襤褸をまとったおじさん二人を描いた「和合神」の図像の流行についての考察など。多くの資料を解き、そこに秘められた江戸の文化・風俗・精神性を引き出して見せる手並みにはゾクゾクさせられた。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ