FC2ブログ
2011-08-20

聚楽―太閤の錬金窟(グロッタ) : 宇月原晴明

『聚楽―太閤の錬金窟』 宇月原晴明

 くはぁ~! これまで読んだ宇月原作品の中で一番難解っつ~か、“大変”だった。錬金術とか出てくると、も~わけわかんなくて。

 豪華絢爛な聚楽第-その暗黒の地下洞窟に秘められたもの。秀次が異端の伴天連ポステルとともに身を捧げる錬金術。蒼味を帯びるほどに白く冴えた秀次の顔。異端を狩る「主の鉄槌」。蜂須賀、服部~秀吉、家康が放つ乱破たち。秀吉、秀次、家康、淀君、秀頼・・・天下人たちの心に蠢く闇~その暗い闇より立ち現れ、妖しく輝く魔人・信長の姿。

 とにかく! 狂気じみた秀次よりも、怪しげな異端の伴天連や、その秘儀の数々よりも、秀吉と家康、二人の天下人の心を占める信長の姿が圧倒的なのだ。白い肌、赤い唇、時に蒼くさえ見えた瞳。この上なく華麗な暴君。

 「猿!」と呼ぶ一声に、初めて信長と会った夏の庭に、信長亡き今もつながれ続ける老いた二人~死んだ主に呪縛された下僕のまま天下をとった-『一番欲しいもの以外のすべてを手に入れてしまった』太閤・秀吉と、予め絶望した王・家康。秀次の執念と対峙する秀吉、家康・・・老いた二人の胸の内が・・・くっ、くぅぅぅぅうぅ・・・。

「猿!」 

まぎれもなくあの声。あの、全身全霊を恍惚のうちに支配する主人の呼び声だ。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ