2011-07-30

邪悪なものの鎮め方 : 内田樹

『邪悪なものの鎮め方』 内田樹

 読んだのはもう数ヶ月前のことである。この本に思わず手をのばしちゃった時の私は、日々「暴力的な正しさ」とでもいうようなものにさらされいる気分だった。

 「“女の幸せは結婚!”と頑なに信じている親戚から持ち込まれる見合い話」とか、「平和の為の爆撃」だとか、そのレベルは色々だけど、「暴力的な正義」が自分に向けられ、その「正しさ」に自分が否定される毎に、心の中にもくもくと邪悪な思いが湧き出てくるのを感じて、“こりゃ、ヤバいな”と思っていた。

 そんな時に目にとまったタイトルがあまりにスバリだったし、以前どこかで読んだ内田樹氏の文章が“いい感じ”だったという記憶があったので、すがりつくように手に取った。


 ・「それ」とかかわるときに、私たちの常識的な理非の判断や、生活者としての倫理が無効になる。
 ・だからといって何もしないで手をつかねていれば必ず「災厄」が起こる。

 「邪悪なもの」とはそういうものであるとし、そういうものから生き残るために著者が見つけた答えは「ディセンシー(礼儀正しさ)」と、「身体感度の高さ」と、「オープンマインド」であると「まえがき」には書かれている。

 本文には、私たちが「邪悪なもの」に遭遇したときに役に立ちそうなお話がパラパラと収められている。日常のお話し、社会的なお話し、科学的なお話し、宗教的なお話し、霊的なお話し。現在から過去~「邪悪なもの」が出現した(する)現場での出来事や、それに対する先人たちの智慧、人間に備えられた能力について。

 大人と子供の問題、ダウンサイジングという考え方、霊的なものとのつきあい方・・・著者の「常識的」な発言にとても癒される。

「そんなの常識だろ」というのは私たちがものごとを判断する上で、たいへんたいせつな知性の働きである。


 常識は「真理」を名乗ることができない。常識は「原理」になることができない。常識は「汎通的妥当性」を要求することができない。これら無数の「できない」が常識の信頼性を担保している。人は決して常識の名において戦争を始めたり、テロを命じたり、法悦境に入ったり、詩的熱狂を享受したりすることができない。
 自分の確信に確信が持てないからである。




 職場では少し前から、「『そんなの常識』と言っては(思っては)いけない。『常識』は当てにならないし、そういう言動は、常識の無い人を傷つけるから。」なんてことが言われていて、“何か嫌な世の中になってきたなぁ・・・”と思っていたところだけに、著者のように常識の価値をきちんと主張し、崩れかけた常識を補修しようとする人の存在は心強い。


 常識で丸く収まる事態には常識で当たる穏健さと、場合によっては常識を超えた振る舞いのできる融通無碍な強さ・・・そういうものを身につけて生きていたい。

・・・でも、

「邪悪なもの」をめぐる物語は古来無数に存在します。そのどれもが「どうしていいかわからないときに、正しい選択をした」主人公が生き延びた話です。


 「邪悪」から生き延びる智慧はどこかにある、と心を強くする一方で、生き残るのは「主人公」とごく一部の仲間だけで、雑魚キャラはどんな選択をしたとしても早々に死んじゃうんじゃないかなぁ・・・とどこかで思ってるっていうのは・・・悲観的すぎるんだろうか? それとも怠慢?




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ