2011-07-02

世界を肯定する哲学 : 保坂和志

『世界を肯定する哲学』 保坂和志

 自分自身でも認識できない部分を含む「私」という存在は何なのか? また、「私」と「世界」の関係とは?

・・・

 例えばの話・・・「色即是空 空即是色」の意味するところがどういうことなのか、「色」や「空」とは何なのか解るか?と問われたとして、私は“それ”を体感したことはないし、ましてや言葉で“それ”を説明するなんてとてもできるとは思えない。“それ”を考えるための「言葉」すら見つけられないせいで、“それ”は到底到達し得ない境地、理解不能な概念なのだと思ってしまうのだけど、・・・でも、自分の中のどこかで・・・ほんの微かに“それ”を知っているという気もしている。

 それと同様に、保坂氏が語ろうとしていることの一つ一つを「理解した」という感覚は、何度か読み返した後でも全くと言っていいほど得られていないのだけど、申し訳ないくらいに漠然と「知ってる」・・・ような気がする部分もある。

 本書が難解に思えるのは、言語化することが難しいはずの思考までが、書物である以上「言葉」で記されざるを得ないためと、私がそういう「思考」を「意識」することに関してあまりに無能というか・・・だらしないためだろう。

 余談だけども、人間の認識のしくみとか、その限界について語る著者の言葉には、「怪しいもの」について語る京極夏彦氏の言葉を思わせるものもあり、そこだけはちょっと馴染みの感覚(と言うほど馴染みではないような気もするが;;)に出会った気分になる。

 宇宙の始まりと終わりについて、「思考」と「視覚」の問題、夢を見る時の視点について、人が持つ「記憶」について、「言語」というシステムについて、「肉体」と「精神」について・・・『雑然たる提示部』『迂遠な基礎作業』とご自身が言うとおり、保坂氏の言葉の進め方は“すっきりした理解”にまっすぐ導いてくれるものではないようだけど、その難解とも感じられる遠回りにつられて、長らく私の中で使われることのなかった回路がわずかずつ掘り起こされ、遠回りする言葉を呼び水に、滞っていた流れが回路の中をチロチロと通いはじめるのをどこかに感じている。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 保坂和志

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ