2006-12-27

新「親孝行」術 : みうらじゅん

 ある程度成長してくると、親というのは厄介なものになってくる(苦笑)。育ててくれた恩があるので決して頭はあがらないし、一緒に暮らしてきた情もある。それでも、こちらにもそれなりに主張というものが芽生えてくると、「親子ほど歳の離れた」者同士の世代間ギャップはやはり埋めがたいものとして存在して、相容れることがない。なまじ親が自分を思ってくれることで、話がややこしくなったりもする。

 みうら氏の家庭は、毎日ボケとツッコミの声が響く面白一家だったんじゃないか・・・という勝手なイメージを持っていたのだが、世の息子・娘達と同様に氏も親に対しては屈託を抱えておられたようだ。親子の距離感に戸惑い、「何で自分の親なのに優しく接することができないんだろう」と悩んだりもしたんだろう。

 その答えが「親孝行プレイ」として結実したわけだ。心は無くともまず行動。形式はいつか実を伴ってくる。難題を乗り越えるため知恵をしぼり、面白ネタとして提示までしてみせるみうら氏の姿勢って凄い。

 面白く、読みやすくこの本を仕上げるまでには、長い血まみれの棘道があったことと思う・・・。

 この本、終わり頃に特別講師としてみうら氏の仏友・いとうせいこう氏が登場する。もちろんファンとしては嬉しかったのだが、どこか小賢しくて(年長の方にこういうのも失礼ではあるが)、そこがまた面白い。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ