2011-05-07

フラワー・オブ・ライフ : よしながふみ

『フラワー・オブ・ライフ』 よしながふみ

 「胸が疼く」を通り越して「心臓が痛い」。おかげで、読み終えた晩は一睡もできなかった。動悸がおさまらない。翌日が休みで良かった。

 白血病治療の為1年1ヶ月遅れで高校生活をスタートした春太郎とクラスメイトたちの、普通だけど繊細に輝いて少々の痛みとともに過ぎていく日常。

 冒頭から数ページ、本好きな山根さんと相沢さんの会話に、“あ・・・”と目がとまる。

 『休み時間一人で本読んでる子見ると
       度胸あるなあって思ったわよ』

 ・・・ああ。

 あの頃は『こわいこと』が本当にたくさんあった。テストの点数が悪かった。友達の態度がいつもと違う。ちょっと離れたところから聞こえる、ひそひそ話や、クスクスと笑う声・・・大人になってみれば大した事ないと思えることや、それなりにやり過ごせることが、押し潰されそうなくらいの恐怖だったなぁ。好きなものを好きということにすら気を遣い、一生懸命周囲の空気読んでみたところで、完全に手足を伸ばしてくつろげる居場所を確保するのは、とても難しくて・・・。結局、高く築きあげた壁の中から、フツーの高校生活を楽しむクラスメイトたちに、心の中で“愚民”と毒を吐くことしかできなかったりってこともあるよなぁ。

 思い出すとチリチリと胸が痛むような高校生たちの日常に、自分が生の高校生だったときには考えおよびもしない・・・というか大して興味もなかった、教師や親たち~それはそれで大変な大人の世界が重ねられて・・・マンガだからこそ味わえるこの小宇宙。

 良くも悪くもゆるがないものだと思っていた大人たちが、結構至らないところだらけの存在であることにうっすら気付いてしまって傷つくこともある。それでも、誰もが“何とかしよう”と踏ん張って・・・。


 中間テストに期末テスト、放課後のお買い物、文化祭、クリスマス・・・クリアすべき、楽しくも怖ろしいイベント。友達との距離を測り、数々の失敗と上手くいった経験を積み重ね、周囲を恐る恐る手探りする。


 色んなことを少しずつ自分で受け止められるようになって、少しずつ怖いものが無くなって、少しずつ1年前とは違う自分になってゆく。それは少し気持ちが楽になっていくことではあるけれど、何かを無くしていく喪失感と無縁ではなくて。


 “9割方大丈夫だけど、1割の確率で来年や再来年にはいなくなってるかもしれない”ということを受け止めざるをえない ~ その為に、家族への嘘と友達への秘密を心の中に持たなければならなくなった春太郎。春太郎は以前のように皆の前で無邪気に本当のことを言うことを諦めたのだけど、それは重過ぎる現実を受け止めた上で家族や友達を愛していくために必要なことで・・・。

 ラストシーン ~ 寂しげだけど強い目を前に向ける春太郎の上に、はらはらと降りかかる桜の花びら。めぐり来る春の気配。何かを失くし、何かと出会う~少し苦くて不安で、そして新しい扉を開く慄きに満ちた青春の日の傍らにある春の気配。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

tag : よしながふみ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ