2011-04-02

三番町萩原屋の美人 : 西炯子

『三番町萩原屋の美人』 西炯子

 時は明治。三番町に店を構える萩原屋のご隠居は、離れに籠って惚れぬいた妻の面影を写したヒトガタ(ロボット)作りに精を出す、界隈でも評判の変人。

 ご隠居を師と仰ぐ工学少年・兼森とその親友の文学少年・島田、萩原屋の番頭・勘二さんに、当代店主の禅二郎さん、禅二郎の嫁きぬさん、ご町内の皆様や、兼森の学校の友人達、色街の姐さんたちや異人さん、やんごとなき方々まで巻き込んで萩原屋を騒がす事件の数々。

 最初の頃はホロ苦い程度だったお話が、終盤に向かってどんどん重くなっていくのにはちょっと参った。話がドラマチックになりすぎて、最初の頃と辻褄あってないような気もするし・・・。まぁ、その辺りには目をつむるけど。

 素っ気ないけれど、自分の身を捨てるほどの優しさで、傷つき、苦しみ、恨みや絶望の中にいる人たちを世の中の明るさの中に導いていくご隠居。どうもご隠居には、やはり西炯子さんがよく描いていたキャラクター ~私が若い頃大変な恋をした嶽野義人の姿がダブる。

 還暦をいくつか越えてるはずのご隠居は、着流しにした派手な着物姿も色っぽい、どう見ても妙齢の美青年。その若々しく美しい容姿、人生を楽しむ明るさや、素っ頓狂な振る舞いにすっぽりと覆い隠されてはいるけれど、ご隠居には死と別れの気配がうっすらと影のようにつきまとう。

 ご隠居に染みた死の気配は、私を不安に、悲しくさせるけれど、それは決して暗い影ではなくて、死と別れを刻みながらも変わらず流れていく時と、その中で生きる人の強さを思わせ、萩原屋のお話に清々しい切なさを添えている。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ