2011-03-30

聖母の部隊 : 酒見賢一

『聖母の部隊』 酒見賢一

 “敵”に村を襲われ両親を殺されたぼくたちの前に現れたきれいな女の人は、自分を“お母さん”と呼ばせて、ぼくたちにこのジャングルの中で戦う技術を教え込んだ。(「聖母の部隊」

 「地下街」「ハルマゲドン・サマー」「聖母の部隊」 三つの中・短篇を収録。(ハルキ文庫版にはもう一つ短篇が追加されているらしい)

 これは、男の子向きの作品でしょうか・・・。世界の終わりに、強気で甘えん坊な女の子から延々責めたてられた末に「ほんとは、あなたが、好きだったの・・・・・・」と告げられても、嬉しくも悲しくもないし、“敵”がうようよするジャングルで、極限状態の中“お母さん”と共に戦い抜いた少年達の恍惚なんてとてものこと理解も許容もできそうもない。

 歩く殺戮兵器のような二人のエージェントが、平和な日本の地下街に潜む“悪の巣窟”の掃討戦を繰り広げる「地下街」・・・コレは虚構か現実か、プログラムミスだらけのゲームの中か、それとも閉ざされた部屋の中で夢見る誰か妄想なのか・・・ 読み進める毎に、ヒザが“かっくん”となりつつも、これが一番楽しめた。だって二人のエージェントの無茶苦茶な設定が、ねぇ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ