2011-02-23

私だけの仏教 ~あなただけの仏教入門 : 玄侑宗久

『私だけの仏教-あなただけの仏教入門』 玄侑宗久

 釈尊以来、先人たちによって長い時間をかけて蓄積されてきた、生きる智慧、真理を悟り何ものにも囚われない自由な精神に到るための膨大な方法論とツール。一生かかっても到底学びきれるものではない、この膨大な仏教の財産の中から、あくまでも“私”が“実践”するのに適した「私だけの仏教」を見つけ出すための、現代の社会生活の中で“実践する”仏教への手引書。

 生・老・病・死・愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦 ・・・ 普通に生活していれば普通に直面する辛くて苦しくて怖いこと。そこから解放される方法があるなら、そりゃあ解放されたいですよ。

 「私だけの仏教」をアレンジするもととなる大量の素材についての解説 ~各宗派の特徴的な思想、「大乗」「小乗」「顕教」「密教」「自力」「他力」という言葉の語るところ~ や、「私だけの仏教」を作り、実践する際に必ず自分に課すべき基本的な戒め、心得ておくべき態度についてのお話に耳を傾けながら思うのだけど・・・

「観音様から学びたいのは、この方があらゆることを『遊び』としてなさっている、ということだ。~略~『遊び』というからには、ご自分が楽しんでいるということだろう。」

 「どうせ食べなければいけないなら、せめてマズイとは思わないで食べ終えたい。」


 これって、まるでみうらじゅんさんの本のタイトルじゃない?! 『親孝行プレイ』に、『ぜったい好きになってやる!』ってね。


 「法(真理)」「慈悲」「智慧」など、仏教において大切だと考えられていることは人間関係の「和」の中にしか生まれないものであるから、「『私だけの仏教』の目指すものも、決して『孤独な仏教』などではない」。そのことをしっかり心して欲しいという著者の言葉には、「私だけの」という文句に人間関係からの逃避の可能性をちょっと期待してた私は、ガツンと釘をさされた気がしてしおれてしまっていたのだが、そこにまた、みうらじゅんさんが、先を歩いていく姿を見せてくれたのだ。

 辛いことも、嫌なことも「そこがいいんじゃない!」(『さよなら私』)と唱えながら雑多な人間関係や面倒事の中にとびこんでいこうとするみうらじゅんさんは、何と立派な仏教者なんだろう。

 「私だけの仏教」はゆっくり時間をかけてつくればいい。とりあえずは、私も「そこがいいんじゃない!」を唱えながら行こうと思う。

 「そこがいいんじゃない!」を繰り返し唱えたって、きっとウザい人はウザいし、嫌なことは嫌だし、怖いもんは怖い。すべてから自由な心なんて程遠い。

 それでも・・・

 『おそらく、不可能なことを目指す人間の姿は、美しいのである。』という、思わずよろめきたくなる著者のキメ台詞が、私の旅立ちを促してくれるのである。 


 

 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ