2011-01-29

シネマ歌舞伎 『わが心の歌舞伎座』

 役者、お囃子、附け打ち、大道具、小道具、衣装、床山、狂言作者、楽屋裏の人々・・・ それぞれの人が、それぞれの場所で、それぞれの仕事を、日々怠りなく勤める ~そうして動き出す「歌舞伎座」は、建物というよりも生命を持った大きな生き物のようであり、そんな人々の日々の営みを内に抱いた一つの町のようでもあり・・・。そうした場所に観客として足を運ぶことのできた幸せを感じます。

 繰り返し、それでいて日々新しく、滞ることなく流れ、連綿と受け継がれる・・・歌舞伎に携わる人たちの長い長い営みを思わせる映像。それぞれの場所で静かに、熱く、真摯に自分の職掌を全うする人たちの姿が印象的でした。


 この劇場でお芝居を観たのはほんの数えるほどの回数でしかないし、この場所に格別の思い入れを持っているというわけではないけれど・・・ いつか、この歌舞伎座でお芝居を観たということを、何らかの感慨をもって思い出す日が来るのかなぁ。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 映画
genre : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ