2010-12-29

小川洋子の偏愛短篇箱 : 小川洋子編

『小川洋子の偏愛短篇箱』 小川洋子 編

 小川洋子氏の小説・・・何か得体の知れない気味悪いものとして遠ざけたいという気持ちがありながらも、つい目がひきよせられてしまうのは、その小説世界のアンバランスさが気にかかってしかたがないから。

 その小川洋子氏が、偏愛するものたちを収めた箱から取り出し、編んだ、アンバランスな空気と鉱物のような絶対性を持つ短篇のアンソロジー。内田百けん、江戸川乱歩、金井美恵子、牧野新一、川端康成、横光利一、森茉莉、宮本輝、田辺聖子、吉田知子、他・・・十六篇。


 日常の整然とした世界に隣接していながらも、全く独立して存在している、ひんやりと、ひっそりと、静かに何かが狂っているような世界。その短篇の中の住人らの目は、騒々しく、生命力に満ちた世界の人たちが見ているもの ~安全で、穏当で、整然としたもの~ それらの何処をも見ていない。ただ自分に見えるものを真っ直ぐにひっそりと見詰める目。

 収められたそれぞれの短篇の最後の1行を読み終え、乗り物酔いのような吐き気とふらふらと眩暈のする頭を上げる。元の、健全で安全な世界の平衡感覚を取り戻したくて、それぞれの作品に添えられた小川氏の解説エッセイにすがりつくが、その小川氏の視線の向かう先に目をやって、またとんでもなくうろたえさせられてしまう。

 乱歩の「押絵と旅する男」に添えられた解説エッセイ「押絵と機関車トーマス」で語られること~

 もしかするとトーマスがテレビ画面に押し付けられたのも、不運な手違いからだったのではないだろうか。本当はこの世界で、元気よく煙を吐き出しながら客車を引っ張りたかったのに、気付いた時にははぜか、テレビ画面の中を走っていた。


 こんな言葉が、読後感をさらに不安で怪しいものにする。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ