2010-11-03

からっぽ男の休暇 : いとうせいこう

『からっぽ男の休暇』 いとうせいこう

 都会で次々に舞い込む仕事を軽やかにこなし、眠らない日々を楽しんできた才能豊かな男に突然“それ”はやってきた。疲れたわけではない。才能が枯れた訳でもない。うまく説明できないが仕事はやめた。そのまま南の島へ長い休暇に・・・。

 海と太陽とぬるいビール。ある時は椰子の木につるしたハンモックの上で、ある時は波にゆられる小船の上で、ゆるゆるの思考をめぐらす。ゆるんだ記憶の中からは曖昧な童話の記憶がこぼれてくるけど、何かが違う、どこかずれてる。なんだっけ? 思い出さなきゃ。

 無理やりに思い出した結果・・・一寸法師は桶に乗って川を下るし、「鶴の恩返し」は「鶏の恩返し」にすりかわって、男はコッコッコッコッと首を振りながらビーチを駆ける。赤頭巾ちゃんを待ち受ける狼は小麦粉で腕を白く塗りたくっていて、側では子ヤギたちが震えており、あまつさえ豚の姿までが脳裏にちらつく~「豚はすっこんでろ!」


 実はこのお話を読んだのは数年前~南国・宮崎で暮らしていた頃のこと。

 南の島で男が体験するような“忘却”と“ずれ”を快感として味わうには、ずれる前のきっちりと充実して、合理的でちゃんとした形をした日常がないといけないわけですが・・・ 良くも悪くも全てが「てげてげ」、明らかに都会とは時間の流れ方が違う南国・宮崎でのゆるい日常~しかも失業中という終わらない休暇の真っ只中。太陽と緑と海と牛と蛙の鳴き声への倦怠が憎しみに変わってしまいそうな・・・ つまり、このお話を読むには最悪のシチュエーションで読んでしまったわけです。


 休暇が終わって東京に帰る男がただ羨ましいばかりだった。

 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ