2010-09-29

光堂 : 赤江瀑

 燃えるような紅葉の美しい庭に潜むもの。現と幻の間を行き来する漆黒の馬。遠くへ去った者たちが一時その姿を垣間見せる、見知らぬ街の夜市。都会のビル群のただ中、一人の女にだけ見える黄泉平坂。恨み呪う相手が死に絶えても、尽きない瞋恚の炎に焼かれ続ける痩せさらばえた青き鬼。

 自らの内に、静かにその暗い口を開いていた闇へと落ちていく男女。


 赤江瀑の小説を読んでいると、ぐにゃりと世界が歪む瞬間がある。なす術も無くその空間に囚われている。暗く、重く、香気に満ちたその空間は、際限なく人を誘い、呑み込むかに見えて、しかし他者と溶け合うことを厳然と拒む。

 突然断ち切られた妖しい夢の切れ端を手に、しばし茫然とする。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ