2010-07-31

まんがの構造―商品・テキスト・現象 : 大塚英志

 発行は1987年。「商品」として生み出される「まんが」が「読者」の欲望に応えながら「現実」を模倣し、拡大していく中で、「読者」の中からはコピー元である「現実」(もしくは「現実」と「まんが」を繋ぐ回路)が失われつつあるということを感じた著者が語り始めた“「まんが」について”。

 「まんが」の製作、流通の現場、また書き手と読者の間で起こっている現象について。「まんが」の世界 ―時間、空間―の、民俗学的見地からの分析、また「まんが」と民俗学的なものの親和性について。「商品」としての「まんが」の現状について。

 ここに収録された数々の文章は、これから大塚氏が「まんが」について語るための準備稿、覚え書きといった風である。

 冒頭、「『読者』である自分が死した後、ぼくは初めて『まんが』について語り出す。」という一文が記されている。

 「まんが」とは“いつか別れを告げるべき愛しいもの”。しかし、幸せな読者として「まんが」に関るだけでは終われなかった氏は、読者としての時間が終わった後も、今や自分にとって正体の掴めないものになりつつある(そして、心のどこかで、正体の掴めないものであって欲しいと願っている)かつての“愛しいもの”について語ることを選ぶのだが、本文の中にはまだ「読者」としての氏の姿もちらつくようで、それは少し痛々しくもある。

 自分が「まんが」について語り始めるのは、その製作の現場に身を置くものとしての「良心」ではなく「悪意」によってであると語る氏の言葉には悲壮な誠意を感じる。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ