2010-06-30

エセ竜馬かぶれ その4 ~ 龍飛騰 : 義澄了

ryuhitou
 1986年の発行だから、もう20年以上も前の作品。発行当時に読んだ時も、画面からはみ出しそうな男たちの勢いに、“面白い!”と夢中になったが、今読んでもやっぱりこれは竜馬モノ、いや維新の群像ドラマの傑作! 

 作者があとがきで「私が竜馬を描くのは、彼をだしにして、多くの人達を描けるからです」と語る通り、中岡慎太郎、武市半平太、勝海舟に千葉道場の若先生、佐那、長州の桂、高杉、久坂、薩摩の西郷はもとより、・・・いやむしろ彼ら以上に竜馬の海軍塾や亀山社中に集まった数多い若者達の青春が描かれる。

 改めて読んでみると『竜馬がゆく』を下敷きにした部分が多いことに気付くが、竜馬を中心に倒幕への流れをコンパクトに再構成したドラマづくり、そして何より、そのドラマの中で、笑い、怒り、泣く、男たちの表情の愛しさ、駆け抜けていく姿の爽快さは義澄了のオリジナルな魅力だろう。

 長州と朝廷の行く末を思い血涙に咽ぶ久坂玄瑞、紋服に白鉢巻、丙寅丸の上で軍扇をふりかざし大口をあけて笑う高杉晋作、各地の戦場を元気に飛び回る池内蔵太、吼える中岡慎太郎、懸命に武市の、竜馬の後を追う岡田以蔵、望月亀弥太、小言屋の陸奥陽之助。 ~ とにかくみんな暴発寸前の若者達ばかりなのだ。大きく流れを変えていく時代の中に飛び込み、沸騰する命を抱えてつんのめるように走っていく。

 竜馬の“男たらし”ぶりが微笑ましく、竜馬の周囲で泣き笑い、パチパチと弾けては花火のように幕末の空を彩って散っていく若き志士たちの、あまりに賑やかで生き生きとした“ありし日”に目頭が濡れる。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ