2010-06-16

自己流園芸ベランダ派 : いとうせいこう

 『ボタニカル・ライフ―植物生活』に続く、植物との生活エッセイ第2弾。

 前作に溢れていた、こちらまで浮き足立ってしまうような「バタバタ感」は薄れた感じ。40代に達した男の落ち着きなのか、10年を超えたベランダーとしての経験の為か、それとも文字数や文章のフォーマットが定まった週一の連載モノという体裁のせいか。どれもあるけど、それだけでもないような・・・

 相変わらず、植物が放つ魅力に抗いきれず、色々な鉢植えを景気よく買っては、よく枯らす。植物が起こす奇跡のような変化に唖然とする。決して思い通りにはならない植物たちの生に閉口する。植物たちへの残酷な無関心を発揮するかと思えば、一転、身を揉むような心持ちで完全介護体制を敷いたりする。

 一見、未熟な人間と、偉大で奔放で気難しい植物の関係は変化していないように見えるのだけど・・・ やっぱり何か変化してる。せっかく自宅に招いた植物たちとの距離感にひたすら戸惑う、『山賊と攫われてきた美女』のようだった両者の間に、微妙な(一方通行かもしれないけど)信頼関係が生まれているような。

 時に気心の知れた同居人であり、時に傍若無人な闖入者であり、時に手のかかる幼子であり、時にご近所トラブルを起こす隣人であり、時に生活に潤いをくれる美女であり、時に離れていても心の通う友人であり、そして、絶対的に異次元の生命である植物たち。

 命の在り方としては全く異質で、決して踏み込めない領域を保ちつつ、互いに関り合っている植物と人間 ・・・ いとう氏が体得しつつある、植物との間の呼吸のようなものが、驚きと落胆と喜びに満ちた植物との生活を語る文章の中に、どこか内省的な落ち着きとなって漂っているのかも。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ