2006-11-29

解体屋外伝 : いとうせいこう

「暗示の外に出ろ。俺達には未来がある」

「危機の陥った時には、まず共通の場面意味(シナリオ)を外せ。物語にはまったら破滅する。」

「たった一つの真実という漢字に、馬鹿らしいほどたくさんのルビを振り続けよ!」


 時々、ふと思い出して読みたくなる小説。今回で再読3回目。

 前作「ワールズ・エンド・ガーデン」で登場した、洗脳外しの技術者『解体屋』をメインに据えた、活劇的な色の強い作品。「ワールズ・エンド~」は重く低く刻むベース音に時折うねるような旋律が絡まるように進む小説だったが、「解体屋~」はひたすら早いビートに乗って転がっていく。一歩踏み出したら止まらない。

 洗脳外しを生業とする『解体屋(デプログラマー)』が、本作では「ワールズ~」よりももっと組織化が進んだ形で登場し、『解体屋』に対する洗脳集団=『洗濯屋(ウォッシャー)』の存在も描かれている。いずれも自らの言葉で編み上げた世界を他人の脳に埋め込むのが仕事。

 かつて、敵対する『洗濯屋』との戦いに敗れ、言葉を奪われた解体屋・高沢秀人。その『解体屋』の『洗濯屋』へのおとしまえともいえる戦いとしてストーリーが展開する本作。登場人物の役割や配置には「ワールズ・エンド・ガーデン」と共通するものが見える・・・

 A 「私」というものを持たないが故に、他と共鳴しやすく、他を巻き込んでしまう存在(「ワールズ~」での預言者、本作でのノビル)

 B Aに依存し、または利用しようと集まってくる者達(サキミを中心としたグループ、ノビルの子供を名乗る集団)

 C 「私」を獲得、または回復するためAに対立する者(恭一、解体屋)

 D 街に侵入、占拠し、権力争いによって事態を混乱させる少年グループ


 前作「ワールズ・エンド・ガーデン」と共通する登場人物の役割・配置が見られる本作だが、スピーディーな展開、『解体屋』と『洗濯屋』の対決というわかりやすい構図、映画のグラフィックのような刺激的な視覚描写でより娯楽性の強い小説となっている。息つく間もなく入り乱れる敵・味方。混乱を切り裂く『解体屋』の活躍に目を奪われるが、転がり続けるストーリーの中では「何によって自分は自分であり得るのか」という問いがずっと発せられている。


 自分の言葉がすべて他人のテキストの羅列にすぎないとしたら・・・
 自分の行動がすべて暗示に縛られているものだとしたら・・・


 面白い小説なのだが、読むのも3回目となる今回はちょっとした違和感が頭をもたげる。

 『解体屋』対『洗濯屋』、『暗示』対『暗示』、『物語』対『物語』 ・・・対立の構造でストーリーはゴロゴロと転がっていく。でも、現実はそんな対立の構図で成り立ってるわけではない・・・よね?という違和感。「やっぱり小説の中だけの話か・・・」と思いかけた頃・・・その対立の構造もラストできっちり『解体』された。見事なオチ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ