2010-05-26

ぶらんこ乗り : いしいしんじ

 “この世”と“あちら側”のちょうど間にぶらんこは立っている。庭の木の上に作ったぶらんこの上に座り、一晩中動物たちから聞いたお話をノートに書き続けていた男の子。

 あちら側とこちら側の境界で揺れるぶらんこの上で、この世の中の「本当のこと」を囁かれ続けた男の子の孤独と恐怖は誰の耳にも聞こえない。

 無条件の愛情とともに、無理解や不寛容にも満ちた世界で、揺れるぶらんこに乗った男の子は、誰かの手をずっと握っていることはできない。でも、この世が壊れてしまいそうな嵐の中で、ぶらんこを大きく揺すって男の子は大切な人の手を握った。


 男の子が乗っていた「この世とあっちがわとのあいだでゆらゆらとゆれている、くうちゅうぶらんこ」・・・何だか“曇天にはためく黒い旗”みたいに恐ろしい。このぶらんこ、私の目には見えないものであって欲しい・・・と思ったりして・・・。そう思うことこそが、この世の無理解と不寛容なのだと思いながら・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ