FC2ブログ
2010-04-14

百けん先生 月を踏む : 久世光彦

 久世氏が夢想する昭和二十二、三年頃、小田原・・・古寺の仏具小屋に棲みついた百けん先生と、小坊主・果林の奇妙な日々。

 山腹の<経国寺>、海に近い<抹香町>の娼家<碇屋>、饂飩を食わせる食堂<達留満>の間を行きつ戻りつしながら百けん先生が書く、流れ出た夢のような作中作には、内田百間のシュールと久世光彦の感傷が入り混じる。

 長い別れの予感に似た不吉さを湛えた、怖いような懐かしさと倒錯気味な幸福感に、少し・・・胸をかきむしられるような気がする。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ