2010-02-27

歌舞伎ゆめがたり : 水原紫苑

 舞台の上に居るのは、遥か時の彼方にいる者たちの魂を宿らせた美しい役者。物語に閉じ込められた者たちと、今、この空間にいる役者の二重写し。

 時間も、空間も、強力に歪み、弾け散る寸前のパワーを内包したその世界。時空を超えた魂は、役者の身体をかりて舞台の上の空間を侵食し、その侵食が見る者の心に及んだとき・・・舞台の先に幻の物語を見る。

 勧進帳、先代萩、四谷怪談、忠臣蔵、鈴ヶ森、桜姫、籠釣瓶・・・

 幻視された物語は、時に、定められた物語を演じる舞台の上の魂たちが、周到に隠したもう一つの物語のようでもある。

・・・

 著者が見た幻の世界にすっかり同調し、浸ることはできないが、ここに綴られた世界は、歌舞伎がもたらすトリップ感を、舞台を観て感じるのとはまた別の形で体験させてくれる。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ