2010-02-06

夢源氏剣祭文 : 小池一夫

 父に捨てられ、母に逝かれた幼女・・・父を求めて都に向かう旅の途中、鬼に出会い、自らもいずれ鬼となる運命を背負った茨木。茨木の運命の旅を縦糸に、袴垂保輔、平将門、藤原純友、安倍晴明、藤原兼家・道長父子、源頼光、渡辺綱、金太郎らの活躍、想いを織り込んで描かれる、都に跋扈する鬼ども~目に見える鬼(権力)と、目に見えない鬼(権力によって鬼へと変じたもの)の物語。

 頼光と、四天王に数えられる綱、金時の折り合いが悪いっていうのが何とも面白い。権力に使われる武士である頼光に対して、権力に屈しない己の意志と強さを持つ綱、そして、鬼に近い心情を持つ金時。物語に新味を加える対比となっている。


 錚々たる人物たちによる壮大な物語。豪華な中にも太い筆でザクッザクッと描いたような、素朴で伸びやかで御伽噺のような大らかな味わいがある。

 ここに細密な装飾を施したら、また違った味わいの絢爛豪華な絵巻が生まれるんじゃないか・・・という思いに応えるように、皇なつきさんによる漫画化がなされたが、こちらは掲載誌の休刊により未完のまま中断されている様子。ぜひ完結させていただきたいなぁ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

初めまして。惺と申します。
足跡を頼りにお邪魔しました。カテゴリ違いのコメントでスミマセン。
中山可穂のカテゴリをすべて読ませて頂きました。今自分は彼女にハマッているので、とても興味深かったです。

まだ全作品読了していないのですが、やぶからねこさんのレビューを読んだら、早く制覇したくなってしまいました。

また遊びに来させていただきます☆

初めまして

惺さま
コメントありがとうございます。
吸い寄せられるように手に取った「猫背の王子」が中山可穂さんの小説との出会いでした。それ以来どっぷりです。

まだ読んでいない初期の作品がいくつかあるので、近々読もうと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ