FC2ブログ
2010-01-30

隠喩としての少年愛 : 水間碧

 「耽美小説」と呼ばれていた頃から、私自身、好んでちょくちょく「BL」作品を読むので、そういったものを好む女性の心理にはちょこっと興味がある・・・というか、「なぜ私はBL作品を好んで読むのか?」ということが気にかかる。

 本書は女性の「少年愛嗜好」について、それがどのような形で女性の中に存在し、また女性の心の中でいかなる働きをしているのかを、小説や少女マンガなどに現れる「少年愛嗜好」を元に考察した論文。

 森茉莉、萩尾望都、竹宮恵子、山岸凉子、井亀あおい(この方については、私は存在を知りませんでした。)、大原まり子らのテクストを引き、精神分析、心理学的な言説も用いながら、「少年愛嗜好」は“母なるもの”(現実の母親とは必ずしも一致しない)から分離、自立する際の葛藤の中で生まれ、様々に機能するものであると説く。

 amazonのサイトに掲載された内容紹介には

作家森茉莉の少年愛小説、「花の24年組」と呼ばれた少女マンガの諸作品、ヤオイ現象を演出した同人誌や最近のボーイズラブ文化など等。その他、海外の事例も取り上げ、この現象の本質をトータルに解き明かす。


とあるが、本書で著者が定義する「少年愛嗜好」とはかなり限られた範囲のものであるように思える。例えば、そこには近頃の「BL好き」は含まれない。著者は「少年愛嗜好」を心理的なファンタジーであるとし、それが純粋な形で現れている24年組の作家たちによる少女マンガを中心に本論を進めている。その後に続く所謂やおい作品やBL作品は、マスコミや評論家たちの言葉によって当事者たちの「少年愛嗜好」の在り様を歪められてしまった上での作品、または商品としてのエンターテインメント性に重きをおいたものとして、本論の対象からは外されている。
 
 また、内容について言えば、「少年愛嗜好」が“母”からの自立に関るものだとするその根拠、そこに到る考察、現象の分析がここに十分に書き尽くされているとは思えない。『普遍的に少年愛嗜好は、当事者にとって心理学的には“母”からの自立のスプリングボードの役割があったと考えられる。』という着想はどういう道筋で導き出されたのだろう? まさか直感という訳でもないだろうが、その提示のされ方があまりに唐突だ。・・・というか、著者は「詳しく論じた」と言っていることが、どうも概論に過ぎないように思える。
 
 さらに、「少年愛嗜好」について、著者と考えを異にする文化人、評論家らの言説に対する反論、批判にもかなりの分量が割かれているが、その批判も多少狭量すぎるところがあるのでは?と思えなくもない。

 例えば、橋本治氏のエッセイでの

 「“女のオタク”はいるか?」ということになったら、いる。ヴィスコンティの好きな女とか、少年愛の好きな女とか。まァ、ミュージカルとか小劇場とかあんまりはやらない歌手のコンサートがやたら好きでこまめに行く女というのもそれだろう。今じゃあんまし聞かなくなったが、昔だったら、会社の金をチョロまかして宝塚につぎ込むオールドミスとかもそうだ。
・・・
 女のオタクはいかに女の子が世の中から無残に傷つけられているかの結果でしかない。


 という記述について。

 特定の女性達を嘲弄しながら、もう一方で~略~あたかも相手の気の毒な立場を理解し、同情しているかのようにみせかけられている


 と述べられているが、橋本氏の言葉は「女性のヴィスコンティ好きや少年愛嗜好は、社会の中で傷つき葛藤する女性の心の様相だ。」というようにも読め、著者の主張と共通するようでもあるのだが・・・。“会社の金をチョロまかす”とは確かに穏やかではないにしても、著者は何をもって「嘲弄」ととったのだろう? ここに引用された部分だけでは、前後の文脈や「オタク」の定義が解らないが、その文章に嘲弄の意図があるかどうかは、もう少し慎重に読まなければわからないのではないか?

 ともあれ、このような他の言説に対する批判、反論に費やした分量を、ご自身の考察の詳しい記述にあてれば、さらに充実した論文になっただろうと思う。


 だが結局、私が興味があるのは、著者が対象としなかった少年愛嗜好~「翼」「星矢」以降の同人誌、やおい、BL作品で描かれた少年愛、男性同性愛や、それを好む心理についてなのだ。本論ではバッサリ切り捨てられてしまったが、そういう嗜好もまた無意味ではないはずだ。

 著者は「自分の問題」としての少年愛嗜好について論じた。私も、自分の問題は自分で考えなきゃいかんのだろう。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ