2009-12-30

草祭 : 恒川光太郎

 団地の奥の用水路の先に現れる見知らぬ野原。中庭から迷路のように繋がる古い家々。屋根の上の獅子舞。打ち棄てられた線路の先の民家。朧な町。ふと視界を横切る姿の曖昧な獣。

 『わけがわからないけど、少し心魅かれる』不思議なもの、この世の外にある何ものかを隠した土地・美奥。美奥に時折姿を現すこの世の外のモノは、いつもの見慣れた世界と緩やかに繋がっている。複雑なバランスの上に立ち、互いに微かに影響しあうこの世の日常と異界のできごと。


 どこか懐かしく慕わしげな様子をした異界の、しかし徹底した厳格さ、非情さ、人間界との無縁さが恒川光太郎の魅力だと思っていた。だが、『草祭』では、異界が(そこで起こることがどれほど不可思議で怖ろしいことであろうと)人間に寄り添うものになっていて、少しだけ、何だか・・・違和感というか・・・がっかり・・・した。

 
 それでも・・・『夜市』『風の古道』に比べるとやや薄まってはいるが、恒川光太郎の描く異界の香気は魅惑的で、これからも吸い寄せられてしまうだろうなぁ・・・と思う。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ