2009-12-23

ちくま日本文学1 内田百けん

 『波止場』『花火』『流木』『豹』等の短編の持つ、とにかく凄まじい破壊力にド胆をぬかれた。百けん先生といえば、『ノラや』を読んだきりで、“多少面倒臭いけれど人の好いおじさん”という油断があったので、まさに不意の一撃。現実を一筆で無力化してしまう豪腕、その巨大な怪人ぶりにゾ~っと背筋が凍る。

 そんじょそこいらの恐怖小説よりも遥かに怖ろしい、怪人がさらりと描くシュール。そして、現実を打ち壊したそのシュールの中にある一人の人間の現実。

 一方、随筆では、穏やかにしているかと思えば我侭、負けず嫌いで理屈屋 ~ 非常に面倒臭くも味のあるおじさんぶりが堪能できる。

 借金の大家と言われるだけあって、お金を借りることについては一言も二言もある。

 無目的な鉄道旅行の費用のために知人に借金をして・・・

 このお金は私が返した時に初めて私のお金であった事を実証するので、今は私のお金ではない。~略~私の金でなければ人の金かと云うに、そうでもない。貸してくれる方からは既に出発しているのでその人のお金でもない。丁度私の手で私の旅行に消費する様になっている宙に浮かんだお金である。


 何と斬新な理屈かと感動させられた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ