2009-11-28

天王船 : 宇月原晴明

 松永久秀を西方の暗殺秘術を受け継ぐ妖人として、異形の戦国史を描いた長編「黎明に叛くもの」の外伝となる短篇集。

「隠岐黒」
 秘術「波山の法」を修め、暗殺者として都に生きる庄五郎と久七郎・・・少年の日の斉藤道三と松永久秀。

「天王船」
 津島天王祭の宵祭、天王川に現れた妖しき船。おびただしい数の提灯の光に照らされ、煌びやかに浮かび上がる船上に舞う異形のもの。

「神器導く」
 信長の死の影に、死して尚蠢く松永久秀の思惑。秀吉の「中国大返し」の裏に秘められた真実。小早川隆景が魅力的に描かれる。

「波山の街-『東方見聞録』異聞」
 フビライ・ハーンの身近に仕えたマルコ・ポーロが、華南の街で目にした戦慄の光景。波斯の暗殺秘術を伝える果心の一族と、微笑みを浮かべたまま殺戮する美しく残忍な少女人形。


 表題作「天王船」 ~ 少年・信長と妖人・久秀の出会いを描いたこの幻想的な一編は、夢のように美しく、通り魔のように不穏。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ