2009-11-25

黎明に叛くもの : 宇月原晴明

 松永久秀 - 『信長より過激、道三よりしたたか ― 戦国一婆娑羅な悪党』という謳い文句から想像するのは、妖しく禍々しく都に跳梁する美オヤジの姿だったが・・・。遥か西方より伝わる妖術・波山の法を操り、綺羅星の如き乱世の英雄達を相手に策をめぐらす華奢で小柄な美ジジイは、まるで一人遊びに興じる幼子のようにかわいらしく、無心。

 同じ波山の法を伝える兄弟子・斉藤道三が久秀を評して語った傍若無人~傍らに人無きが若し~という言葉が、久秀の純粋さと孤独をピタリと言い当てている。

 傍若無人・・・人を人とも思わぬ悪辣非道というのではない。自らが王である自らの内なる世界の他に世界があることを認め得ぬ、ただ自らの世界に遊ぶいたいけな幼子。

 金髪碧眼美少女の如き傀儡・果心のみを伴に(友に)独り戦場を駆ける姿はいじらしくすらある。


 他を圧倒して世に輝く日輪・信長の光に否応もなく飲み込まれようとする運命を、最期まで認めなかった久秀。その生は、己のみを自らの主人とし、自らの光のみを恃みとして、昇り来る日輪に叛き続けた明けの明星。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ