FC2ブログ
2009-09-30

始祖鳥記 : 飯嶋和一

「人類の夢や希望を乗せてるんだね、と言ったら・・・そんな重たいものは乗せられない、と切り返された。」

  世界最速の電気自動車“Buckeye Bullet”が駆け抜ける、缶コーヒーのCM。3部構成で語られるこの長い物語の中心に描かれた“空飛ぶ表具師”の姿に、このCMのナレーションが重なった。

 腐敗した政に民の不満が鬱積していた天明期、大凧を作り空を飛んだ表具師・幸吉。

 ただ子供のような純粋さと衝動で空を飛んだ幸吉だったが、人々は幸吉の飛行に己の期待や望みや満たされない思いを託す ~ “紙屋幸吉は鵺となって政道の腐敗を糾弾してくれた”。

 ただ食べて、寝て、暮らすだけの日々には安住できない、“遠くばかりを見続ける”資質を濃く持ってしまった幸吉。飛ぶことにとり付かれた幸吉には、地べたに張り付くように暮らす人々の思惑など目に入らなかった。自分の目には全く入っていなかった人々の想いや期待の重みで、純粋な衝動に過ぎなかったはずの幸吉の飛行は、罪として罰せられる。

 他人の行為に、勝手な期待や意味を押し付ける大衆の無自覚・無責任な嫌らしさが、幸吉を追い詰めたようにも見えるが、幸吉のように遠くばかりを見て、自分の足元が見えない男というのは、やはり憂き世に暮らすには困ったものだ。


 幸吉の意図に関らず、幸吉の飛行に様々な意味を見つけ、想いを掻き立てられた人々。幸吉の飛行が掻き立てた想いが呼び合い、不思議な歯車が回りだす。第2部は、そんな大きな歯車を回した人々のドラマ。回る歯車の中で力強く響く言葉~「いつも目指す方を見続けること。見ている方へ物事は進む。」

 そして、幸吉が見続けているのは、やはり“飛ぶ”ことだけだった。今度こそ、人々の意図や思惑の及ばぬところで、再び大凧に乗り空を駆ける幸吉。

 しかし人々は、他人の想いの埒外で、この世の重いものを何も寄せ付けず、鮮やかに空を飛んだ幸吉の姿を、それぞれの想いを込めて胸に刻んだ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ