2009-09-19

DOG STYLE : 本仁戻

 一匹狼にはなれない野良犬・千秋テルと、野良犬を飼いたい願望を持つ大きいお兄さん・寺山ミキの、身も心も組んず解れつなお話。

 それぞれに、振り向いて欲しい相手とは何だか上手くいかないテルとミキ。先輩後輩でも、友達でもないけど、一緒にいると何故だか気が緩んじゃうテルとミキ。

 ズカズカと踏み込まれるのはイヤだけど、たまにすごく会いたい。一緒にいると楽しい、一緒にいると安心する。予定外の恋心に先に気付いちゃうミキだけど、テルは野良犬だから、急に距離を縮めようとするとダッシュで逃げちゃう。無理に近づこうとすると、無茶苦茶に噛み付かれちゃう。野良犬の距離感ってむずかしい。

 友情と負けん気とヤキモチと欲情と恋がからまっちゃって、どれがどれだかわかんない。だからヒドイことしたり、されちゃったり、期待したり、裏切られたり、すれ違ったり・・・。ミキのハードな過去はフラッシュバックしちゃうし、ヤンキーゆえにヤバい暴力沙汰には巻き込まれちゃうし。
 
 ヤケクソな笑いと、ピリピリの緊迫と、メチャメチャ気持ちいいHと、しょんぼりな寂しさと、ほんのりな幸せと、どん底の自己嫌悪と、死にそうな大怪我と・・・大波小波波状攻撃に、こっちの気持ちも翻弄されちゃって泣いたり笑ったり大変。


 素直になれないテルの気持ちをミキが言葉にする、それを隣に座ってテルが聞く。二人の気に入りの廃ビルで、二人が大好きな夕日を見ながら・・・

 君が隣りに座ると ゾクっとする 胸が甘くなる

 ビルで待つ・・・ 夕日を見る   君の分のコーラを買ってしまう・・・

 約束もしてないのに脇にコーラを置いて 僕はただ待ってる・・・

 "君が約束もないのに僕を待ってたらいいのに・・・”



 いい! 猛烈にいい!


 そしてラストの数ページ ~ 不安と悲しみと緊張から一転、ドドドドド~と全てを押し流すような勢いでやってくる安堵と弛緩と幸福感の大津波は、これまで読んだBLマンガの中でも最上級のラストシーン!



2009.10.18 追記

 今、ちょっと反芻してたんだが・・・

 野良犬ヤンキーのテルが、キレイなお兄さんミキに「好き」と告白されて、イラついちゃう、不機嫌になっちゃうっていうトコがある。

 テルだってミキが好き。でも、大好きな人のことも、何パーセントかは“ウザい”って思う気持ちがある。テルは神経質だから、自分にそんな気持ちがあることに気付いちゃう。ミキに「好き」って告白されちゃうことで、自分の中のそんな気持ちまで突きつけられちゃって、そんで傷ついちゃう、イラついちゃう。

 なんか、イイな・・・テルちゃん。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ